うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1020352.jpg
 バリ島はウブドにて。
毎朝起きると、まずはお湯を沸かしに外付けのキッチンへと向かう。
そこで「なにか」に気付いた様子のだんごさん。

スポンサーサイト
P1010370.jpg
雨期と乾期のふたつの季節があるバリでは
年に何回あるのか定かではないけれど、必ずやって来るのがこの「大量ハッチ」。
たしか、雨期のはじめの頃だったかなあ。
わたしが懸命に掃いているのがいったい何なのか分かりますか?
P1010256.jpg
ここは、バリに住んでいた頃借りていたバンガロー(のベランダ) 。
右上に見切れそうな感じで宙に浮いているのは、ご存知のとおり、バナナ。
いったいどうしてバナナがぶら下がっているのか?
例のエクトプラズマ、
http://heyoka.blog68.fc2.com/blog-entry-223.html#more
その翌日の出来事について。
0706303.jpg

以前バリに行った時、自分でバティックがつくれるというお店を見つけて
だんごさんや、一緒に行ったともだちと挑戦してみたことがある。
お店の入り口はこんなかんじ。
0706301.jpg

これは「チャナン」というお供え物。細工が繊細でとても美しい。
バリ人は毎朝神に手を合わせて祈っているので、観光で訪れた人は必ず目にしたことがあるだろう。市場でも売られているけど、だいたい家庭の女性たちが手作業でつくっている。ガゼボのタイルに仲良く腰掛けて談笑したりしながら。

日々の洗濯は、すべて手洗い。
柔軟剤などという小粋なものは無く、石けんや、時にはシャンプーを使用。
もちろん今現在の話ではなくて、旅のあいだのこと。
そしてこれがかなりの重労働。だって、タオルもシーツも手洗いするんだぜ。
水をたっぷり含んだバスタオルやダブルサイズのシーツがどれだけ重いか、ぜひとも想像して欲しい。洗剤を含んで泡まみれになったバスタオルをすすぎ終わるまでに、いったいどれだけ時間がかかるのかも。

DSCN0261.jpg

バリでの成人式ともいえるのが〈ポトンギギ〉という儀式。
〈ポトン〉は落とす、で〈ギギ〉は歯。
0702022.jpg

バリでのホームステイ(とはいえ部屋は別棟)暮らし。
そこで一番困ったのが電話の取り次ぎだった。
061127d.jpg

私が今まで食べた中でいちばん美味しかったもの。
多分、世の中でいちばん好きな食べもの(ちなみにだんごさんも)。
「IBU ARSA(イブ アルサ)」のナシチャンプル。

IMGP4198.jpg

インドネシアの出入国を繰り返していると、イミグレの係官に怪しまれ
難癖をつけられたり賄賂を要求されたりすることがあると聞いていた。
中には、入国カウンターの前で踊って見せた人もいたそうだ。
「仕事してるんだろう」
「踊りを習いに来ているんです!」
「ホントかぁ?」
「じゃあ、踊りますよ、ここで~っ!」
という感じで。
2006.12.06 19:10 | '99~'03 旅日記 バリ | トラックバック(0) | コメント(-) |
061107a.jpg

医療技術が決して最先端とはいえない国で病気やケガをすると
かなり悲惨な状況に陥ることが多々ある。

私たちは日本を発つ前に、3年間の海外旅行障害保険に加入した。
DSCN0170.jpg

それまでは、最高でも2週間程度の短期旅行でしか訪れたことのなかったバリ。
久し振りのバリ。
それは、初めて半年以上の滞在を計画していた時だった。

061010a.jpg

滞在期間中は、とにかく病気や怪我に悩まされ続けたバリだったが
とても痛い思いをしたのがこれ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。