うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 終わってみればかなり実りの多いだった。私自身はとにかく疲労困ぱいではあったけれど。
 いままで知らなかった多くのことに気付かされたし、勉強にもなった。その分私の中では反省点もかなりある。なにしろ今回は総勢83人と盲導犬30頭という大所帯。いつも自由に旅をしている私にとって、団体旅行は慣れない思いの連続だった。
普段は午前3時頃に就寝している生活なのに、連日4時起き。寝不足で思うように動けなかったり、テンションが上がらなかったりした。
 けれど、旅行社の方々や現地のボランティア・ガイドさん、その他大勢のひと達のおかげで全員、全頭が無事に旅を終えることができた。検疫はとてもスムーズに運んだし、あらゆる場所に盲導犬が同伴できた。台湾の観光局や、歓迎してくれたたくさんの人々にも感謝します。
 
 詳しい旅の様子は仕事がひと息ついたらアップする予定。来月になるかなあ。
 とりあえずは簡単に初日の模様だけ。
 
スポンサーサイト
2008.11.23 17:31 | 緑ツナガレ オーガニックライフ | トラックバック(-) | コメント(-) |
 なんかもう、とってもバタバタしている。なぜバタバタしているかというと、明日には成田へ向かい、海外へ出発するからだ。このいちばん仕事が忙しい時期にねえ。それまでに終わらせなくちゃいけないことが山積みで。しかもさっきようやく旅の準備を終えた。目的が観光だったらもっとよかったけれど、今回はガイドヘルパーとして行ってきます。
2008.11.14 20:19 | 旅に関する“えとせとら” | トラックバック(-) | コメント(-) |
 灰谷健次郎の「子どもへの恋文」に掲載されている詩には、思わず吹き出してしまうようなおかしさを内包しているものもあれば、その時代背景(数十年前に書かれたものがほとんど)を鑑みても、あまりに辛すぎて印象深いものもある。
 そんな中でもいちばん好きな詩がこれ。
 私が動物好きということを差しひいたとしても。
 
 
 
 いぬ
 
      さくだ みほ 六歳
 
 いぬは
 わるいめつきは
 しない               
 
 
 
 子供の視点というのは右にも左にも前にも後ろにも動けて、こんなに自由。
 しかも深い。
 短い詩だけれど、彼女の色んな背景を想像させる。
 むかしこどもだったはずの大人は常々「こどものような視点が大切」だとか「こどもの頃の気持ちを忘れないようにしよう」なんて言う。
 実際周囲にそんな振る舞いをする大人がいたら、「こどもじみている」とか「ぜんぜん分かってない」なんて言われるのがオチなのに。
 
2008.11.12 00:15 | 本とか作家とか仕事とか | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1030361.jpg
 風だな。
2008.11.06 22:34 | 時雨のこと | トラックバック(-) | コメント(-) |
 朝からやけに目が乾いていた。ためしに何度か目薬を差してみたけれど、ぜんぜん潤ってくれない。こんな日に限って。
 
2008.11.03 22:19 | 本とか作家とか仕事とか | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。