うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
vvvv.jpg

バリには予算に合わせて選択可能な宿が山ほどある。

私たちは当初、ロスメンと呼ばれる
いわゆるホームステイ型の安宿に滞在していた。

そこは、敷地内にお寺と3家族分の家がある一般的なバリの住宅。
ロスメンとして貸しているのは4部屋程で
ホームステイといっても、バリではほとんどの宿が
母屋とは別棟にあり、独立してシャワーとトイレが付いているので
プライバシーは保たれる。

はずだった

しかし、実際そうそう上手くいくものではない。
色々とごたごたがあり、結局数ヶ月後には居づらくなって
そこを出てしまうことになる訳だが、その顛末は追々書いていくつもり。
始めのうちは、バリの一般の人たちとの接触が新鮮で
一緒にお祭りに連れて行ってもらったり、洗濯用のたらいを借りたり
「電話も取り次いであげる」し、「飲み水も毎回汲んでいいのよ」等々、親切な言葉をかけてくれていた。

始めのうちは

しかし、次第に仲良くなってくると
あまりにも頻繁に話をしようと部屋にやって来る、暇で淋しがり屋な男連中から日に何度もお呼びがかかる。

なにしろこちらは、ハードな踊りの稽古を週6でこなしているのだ。
まったりした午後のひと時くらい、ゆっくり休ませてらわないと身体が持たない。

あまりの過干渉ぶりに段々とうっとおしく思い、面倒になってきた私たち。
時には寝ているふりをしてやり過ごしたりもしていた。

b.jpg

ロスメンの朝ご飯は、フルーツやトーストや焼きそばなど、その日によって違うが
朝目覚めて部屋の外の椅子に座っていると、自然に用意をして出してくれる。

これもまた、始めのうちは

しかし滞在が長くなるにつれ、外にいるのになかなか食事が出てこなくなってきた。
私は朝10時から踊りの稽古があるので、その30分前には
食事を済ませておきたい。

それを知っているくせに、イブ(奥さん)は
PAGI~! (おはよう)」
なんて言いながら、腰に手を当て箒で庭を掃いていたりする。

仕方がないので催促をしたりもするが
「あ…朝ご飯お願いします」
と、ずうずうしくお願いしなければならないという状況は、善良で温和な
日本人夫婦にとって非常に苦痛なことなのだ。

そういえば、家族全員出掛けてしまい
結局いつまで待っても朝食が出てこなかったこともある。

あまりに音沙汰が無い時はだんごさんに外に出ていてもらい、私は
お稽古前のストレッチを部屋の中で黙々とこなしていた。

すると、ある日イブが
「あそこんちはいつも奥さんが寝坊して、旦那が先に起きて外で待ってるんだよ。ハハハ~」
などと、近所の人と談笑していた。

くっそ~!

DSCN0316.jpg

他にも、フルーツがニンニク味だったり(同じまな板を使っている?)、電球が切れたと言っているのに取り換えてもくれず、自分で購入して取り付ける際に感電(線が裸で出ている所があった!)したり、何かイベントがある度に部屋を移動させられたりと、トラブルに関しては枚挙にいとまが無い。

それでも、イブ以外はとてもいい人ばかりで
三男夫婦宅の若い娘などは、このような山間部の村で
いったい誰に見せるつもりなのか、いつもド派手な格好をしていた。

時にはショッキングオレンジのタートルネックセーターに
純白のフレアスカートという、南国バリにはとうていふさわしくないであろう出で立ちで敷地内を闊歩し、私たちの間では
もはやファッションリーダー的、カリスマ的存在として
この目を楽しませてくれたものだ。

そんな彼女も今頃は素敵なママになっていることだろう。

DSCN0265.jpg
▲滞在していたロスメンでの儀式の夜
スポンサーサイト

いやぁ、懐かしい逸話の数々。電球取り換え感電事件は、日本でメールを読んだ時もビリビリしましたよ。
わたしは、こんなに長期滞在したことないんで、いつも大事にしてもらってましたけど、やっぱバリ気質なのかね。
慣れてくると面倒な事は多いかもしれないね。

去年新婚旅行でバリに行ったけど、クタは閑散としてたよ。ビーチのばばあも大人しめだったな。
ああ、いきてぇ~っ。

2006.06.09 15:19 URL | イカ69 #- [ 編集 ]

>イカ69 さま
バリに行ったんですね。うらやましい!

でも、未だに観光客が少ないとは驚きです。
確かに、津波があろうがテロがあろうが
翌日には表を歩いている欧米人を見かけますけど、日本人はかなり慎重ですよね。

旅行に行ったのが結構前の話なので、記憶をたどりながらこれからも書いていきます。あんまり写真を撮っておかなかったのが悔やまれるところですが…。
今後も楽しみにしていて下さいね。

2006.06.09 18:30 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

新婚旅行だったんで、クタからは離れて超高級ホテル(執事付きのコテージ!!!)に泊まったんだけど、
ホテルからクタに向かう道すがらの土産物屋も、ほとんど人がいなかった。
白人関係はすごい沢山いたけど、日本人は確実に減ってたよ。

ウブドゥのほうは、いまだに行ったことないんで、どうなのかな。


これからもドンドン書いてね。すごく楽しみにしてるわ~

2006.06.12 12:13 URL | イカ69 #- [ 編集 ]

>イカ69さま
執事付きって!
クタがそんな様子なら、ウブドはもっと酷いんでしょうね・・・。

最近は、頭の回転も鈍くなり、記憶も薄れつつありましたが
写真を見ていると、急に色んなエピソードを思い出せるので、これからもがんばりまっす!

2006.06.12 18:29 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/10-407bfda0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。