うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
061010a.jpg

滞在期間中は、とにかく病気や怪我に悩まされ続けたバリだったが
とても痛い思いをしたのがこれ。

バイクのマフラーにふくらはぎが当たり、やけどをしてしまった。
傷口は横7センチ縦3センチくらい。

ちょうどその頃、だんごさんの両親がクタに来ていたので
ウブドからバイクで会いに出かけた。
それは、バリの生活にもすっかり慣れきっていた頃で
いつもの様にビーサン履きでヘルメットをかぶり
スカートを履いてバイクに乗った私が悪かった。
普段ならスカートの時は横乗りしていたのに
クタまでは1時間以上バイクに乗るからと、後部座席にまたがった。

そんな時に限って、いつもはやらない失敗をしてしまうもの・・・

降りる時に何も考えず右側からサッと降りてしまい
南国のアスファルト道をぶっ飛ばして、熱々になっているマフラーに
素足が乗っかるような感じになってしまった。
一瞬「ずるっ・・・」という感覚があったから
「皮が剥けたな」と、とっさに悟った。
その瞬間さほどの痛みは感じなかったが、2~3分もすると
激痛が襲ってきて歩くのも辛い。
外出中だったし、すぐに冷やせる場所もモノも無かったので
デパートのトイレに駆け込んだ。
まずは洗面所の水で冷やそうという考えだ。

水道の蛇口を勢いよくひねり、どうせ女子トイレだからと
思いっきり足を水面台に乗っけて水をバシャバシャとかけた。
アレッ?
熱いーーー!

クタはウブドと違って気温が高いので
水はもはやお湯と化していたのだ。
仕方なく、スーパーで冷たいコーラの缶を買って
それを足に当てながら応急処置をした。

DSCN0320.jpgDSCN0321.jpg

その後だんごさんの両親と食事に出掛ける約束をしていたので
患部にティッシュでフタをして出かた。
ホテルに戻った頃には痛みも幾分和らいでいたため
そのまま放っておいた。
その後ウブドに戻り、2日ほど特に処置をしないで
様子を見ていたが、良くなるどころか水ぶくれになってきた。
さすがに菌もウイルスもうようよいらっしゃるバリのこと
感染症(いちばん怖いのは破傷風かな?)にかかるといけないからと
ようやく重い腰を上げて近所のクリニックへ。

しかし、バリの医者は外傷には手荒だ。
だんごさんなんて、同じクリニックで麻酔も何も無しに
生づめを剥がされている。
水ぶくれもきっと無理やり潰されちゃうよ・・・

そして案の定。傷口を見るなり
「オゥー! けっこうひどいねぇ」
心なしか嬉しそうな坊ちゃん面したドクターは
消毒液をたっぷりしみ込ませたガーゼで、残った皮を
ゴシゴシこすって全部剥がした。
傷口に、消毒液で、ゴシゴシだよ!?
いくら痛みに強い私とはいえ、もはや生きた心地はまったくしなかった。

「痛い?」
先生はそう聞くが、そりゃあたりまえ!
どうしてもっと、そうっと拭くことが出来ないの?
…と言ってやりたい…

061010b.jpg

そしてその後、完治するまで2日に一度
クリニックに通っては、相も変わらずゴシゴシされた。
余計に治りが遅くなるんじゃないの~?
そう思いつつも、この辺りではここが一番のクリニックなのだし。

先生によれば、ヤケドの程度は全治3週間から1ヶ月。
これにはちょっとビビった。

「きっとものすごい痕が残っちゃうだろうなぁ…」
女だし、ふくらはぎだし、あぁ…。
もはや諦めかけていたのだが、意外にきれいに治ってしまった。
多少の痕は残ったものの、ケロイドのようなでこぼこにはならなかった。
もしかしてあの医者、ヤブじゃなかったのかも!?
スポンサーサイト

もげぇぇぇ~!!
↑読みながら悶絶している私。

もうもう、文字だけでも涙が出そうな
くらい痛いですっ!!!
写真も白黒でも痛すぎです!!
火傷だけには気をつけよう…と
心から誓った夜になりました^^
ヒィヒィ(まだビビッてます)

2006.10.10 22:33 URL | みぃ #- [ 編集 ]

初めまして、リンクから飛んできました☆
ティファニーと申します。
プロフの画像いいですね~私も背中に描いてしまってますが…(苦笑)旦那も海外に旅するのが好きな人なので、楽しく見させて貰ってます☆
時雨ちゃんもかわいいですね~~うちもハニーパイドの♂のフレンチ(ファボラス)を飼ってるんですよ☆
それにしてもマフラーに足…なんて痛そうですね~うぇぇ~><しかも消毒液でゴシゴシなんて…(悲鳴)
又遊びに来させて頂きます☆

2006.10.11 01:24 URL | ティファニー #- [ 編集 ]

>みぃ さま
カラーはさすがにグロイかな? 
と思って、いちおう色抜いてみたんですが
やっぱりキツイですよね…
ゴメンナサイ (・・;

そういえば、少しあとで友達が遊びに来て
おんなじことやっちゃいました!
男だったからまだ良かったんですけど・・・
なんか、東南アジアは痛いとか痒いとか
そんな想い出ばっかりです~

>ティファニー さま
こんにちは~。はじめまして。
プロフ画像は、インドで買ったポスターを壁に貼ってデジカメで撮ったんですよ。
背中にラクシュミ像の画像も見てみたいですね~。
そして、さっそくファボラス君のブログも覗かせてもらいました。
クリーム友達が増えて嬉しい限りです。
パピーの頃の写真もすごく可愛くて、うらやましい。。。
時雨はなんだか変な顔だったんですよ。

・・・バリの医者はいつもこんな感じでした。
歯医者でも、あんまり麻酔を打ってくれなかったですしね…

2006.10.11 22:17 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

うらやましいだなんて言って頂いて…いやいやうちのファボラスも変でしたよ!どの
子よりも身体に反比例して顔がでかかったから飼う事決めた位ですもん(笑)
ちなみに私の背中にいるのはラクシュミでなくて破壊神なんです、すみません…><
歯医者で麻酔打ってくれないのは辛いですね~バリで歯医者に行くっていうのも又貴重な体験な気もしますが☆
ちなみにうちの旦那は麻酔が全然効かない人で…効かないのも辛いですよね~~。

2006.10.12 17:53 URL | ティファニー #- [ 編集 ]

>ティファニー さま
顔がでっかい方がフレンチらしくて可愛いですよ!
時雨はよく「ボストンテリアみたい」と言われますから…

麻酔って効かないと辛いんですよね。
私も前に手術した時、脊髄麻酔(また、痛い話ですね++;)の効きが悪くて
手術台の上で看護士さんに「まだ感覚ありますか?」ってずっと聞かれて不安なまま
吸引で一気に気を失いました…

>破壊神 というのはシヴァですね、おぉ!

2006.10.12 18:25 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

痛い話好きなんで大丈夫です(笑)
脊髄麻酔は痛そうですね~髄液取る時と一緒で長い針刺すんですか?
私は麻酔効く方なんですけど、うちの母親は麻酔効かない人で娘の私も効かないんじゃないかって言われてたので、効くって知るまでは骨折しても麻酔なしで骨動かす治療されたりしてました(苦笑)
旦那は致死量寸前まで麻酔多くして貰ってたのに手術後数十分も経たない内に起きてしまったとか…(笑)そういう話を聞くと麻酔かかる人間で良かった~なんて痛感してしまいます(;^_^A
それと更にすみません!シヴァの奥さんの方なんです…踏んでる姿の方のですが><

2006.10.17 02:44 URL | ティファニー #- [ 編集 ]

>ティファニー さま
痛い話続きで・・・
脊髄麻酔は、脊髄に穴を開けて麻酔薬の入ったケースをぶらさげて、そこから少しずつ長い間薬が注入されるというものでした!
なので、それをやる前にまず部分麻酔、その後注射、最後にガス吸引という…ホントに麻酔ばっかりで、今考えると手術って怖いですよね~
でも、何で麻酔が効く効かない体質ってあるんでしょうね!?
骨折ってだけで、私は胃が痛くなりそうですケド。。。
しかも致死量寸前って、ホントにギリギリじゃないですかーーー! フレンチブルの麻酔の危険度なんて目じゃないかもしれませんよ!
>踏んでる姿=いつかそっとブログにアップしてみて下さいね。 

2006.10.17 14:52 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

うわ~脊髄麻酔痛そうですね~!脊髄に刺す針自体が長くて太くてそれだけで痛いですしね…考えただけで怖いです(>_<)
体質は何であるんでしょうね~、自分の気の持ちようとかも関係してくるんでしょうか…(悩)この秋産んだ娘が私に似て麻酔効く事を願うばかりです…(;^_^A
フレンチは麻酔するの危険なんですか?他の犬種より?飼ってるのに知らなくてすみません(>_<)
踏んでる姿の奥さんは今度こっそり載せますね☆

2006.10.19 17:37 URL | ティファニー #- [ 編集 ]

>ティファニー さま
そういえば、私は母親によく体質的なことがソックリだ
って言われてましたけど、娘さんもティファニーさんに似てくれるといいですね~。

麻酔自体のリスクはどの犬種も同じみたいですが、ブル系のように鼻腔が狭い犬は、麻酔からの覚醒時にうまく鼻で呼吸が出来ずに、合併症による死亡例がある…と獣医さんが言ってました。
でも、最近はチューブを気管に入れて気道を確保するので、一応問題なしということですが、鼻腔狭搾が酷いと適切な対応が必要なのだそうです。
結局は短頭種に詳しい獣医さんにお願いするのが一番みたいですよね。
時雨の不妊手術の時も、医者は覚醒時のことを若干心配してました。。。何事もなかったですけど。

2006.10.19 23:40 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

なるほど…ブル系は食道も短い?らしく良く吐いたりしますしね~(うちのファボラスは自在に吐けます笑)麻酔、怖いなぁ…
実はうちのファボラスまだ去勢してないんですよねぇ(>_<)
揺れるたまたまがかわいくて…(笑)
去勢しないとなってしまう病気や飼い主のマナーとして確かに避妊手術はした方がいいとは思うんですが、手術中に亡くなってる例や去勢した後太るとか周りの話を聞いてるとまだ踏み切れなくて…↓
うーん考えさせられますね(悩)

2006.10.25 18:17 URL | ティファニー #- [ 編集 ]

>ティファニー さま
最近旦那が、フレンチに詳しい獣医さんに話を聞いたところによると
短頭種に詳しい獣医なら、まず問題無いと言ってたそうです。
やはり結局は病院選びみたいです。

去勢は悩みますよね。
うちは最初から子供を産ませる気はなかったんでスパッと決めちゃいましたが
♂は、マーキングとかの悩みが無ければやらない人も多いですよ。
近所のおばさんでも「ウチ(シーズー)はやんないで16歳まで生きた」とか言ってましたし。。。
時雨も獣医にさんざん「太る」と言われ…逆に仔犬の時より痩せました。
個体差があるんでしょうね。

2006.10.26 00:22 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

うーんそっかぁ…。
一応ファボラスがお世話になってる獣医さんには別にしなきゃいけないもんじゃないしどっちでもいいと思うよって言われてるんですよねぇ。
うーん結局どちらがいいのかな。
何かブログの内容と変わってっちゃってすみませんでした~(>_<)
参考になりました、ありがとうございました☆

2006.10.28 00:00 URL | ティファニー #- [ 編集 ]

>ティファニー さま
私も、獣医さんの話や、ネット、本など
いろいろ調べても分からないことだらけです。。。
結局、いろんな飼い主さんの話を聞いてまわって
最後は自分で決める…という感じですよね。
でも、(今は特に)訓練のこととか悩みまくりです。

2006.10.28 14:36 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/101-c9fd5033

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。