うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
061107a.jpg

医療技術が決して最先端とはいえない国で病気やケガをすると
かなり悲惨な状況に陥ることが多々ある。

私たちは日本を発つ前に、3年間の海外旅行障害保険に加入した。
訪れた代理店で扱っている保険では
1年以上の長期は契約出来ないと窓口の青年は言っていたのだが
保険会社に電話で掛け合い、うまく取り計らってくれた。
私たちみたいな貧乏長期旅行者を応援してくれるような旅行代理店が
東京にもちゃんと存在していて嬉しかった。
今は5年まで(お金さえ払えば)掛けられる会社もある。

そして、バリに滞在していた時。
しっかり歯磨きをしていたというのに
以前日本で治療したブリッジにガタがきていることに気がついた。
絶対取り替えなければならない予感がした。

「バリで歯医者に行くなんて、そんな恐ろしいことは絶対にイ・ヤーーー!」
と思っていた私も、あまりの激痛に耐え切れず一大決心。

いざ外国人向けの歯医者を探してみたが
かなり遠くにあって、とてもバイクで行けるような距離ではない。
一応電話してみたら、先生は海外に行っていて数ヶ月治療は出来ないとの返事。
仕方なく他を当たり、やっと見つけたところは
救急外来のある何とかバイクで1時間ほどの場所。

足を踏み入れると、待合室には欧米人や日本人のおじさんもいたので少し安心した。

061107b.jpg

ドクターは、ざっと私の口腔内を点検すると
「ブリッジは取り替えだね。料金は4本で10万円」と言う。
すっげー高くないか?(歯医者は障害保険が効かないというのに…)。
という雰囲気をかもし出していると
「ベリーチープ」
かなりのオーバーアクションで言ってのけるドクター。
チープっていう意味分かって使ってるの?
チープってのは「粗末」っていう意味で、そういう場合は
せめて「inexpensive(イネクスペンシヴ)」を使うんじゃないの?
そう心の中で思いながらも
さすがに痛みには耐えかねるので、それでお願いすることにした。

実際治療したのそのおじさんではなく若い男のドクターで
新しい袋から注射針を出して、私に見せた。

そう、医療先進国ではない国では必ず
「注射針は新しいものを使って下さい」と、自分で言った方がいい。
輸血が必要な時は「AIDSと肝炎と梅毒の検査をして下さい」と言うべきだ。
しかし、輸血が必要なくらいの状況だとして。
単身旅行者の場合はそんなこと言ってる暇はないんだろうな。
でも、自分から言わなければ何もしてくれないところは実際多い。
ただ、外国人向けの医療機関を選べば、心得ている所も最近は多いはず。

その日はブリッジを外したり、型を取ったりして
また後日来てくれと言われた。

そして再び行った時、何故かまた違うドクターだった。
日本じゃ歯医者はいつも同じ先生なのに…。
今度は20歳代前半に見えるくらいに若い女の先生で
歯科助手は太ったおばちゃん。
他の人たちもなんだかチャラチャラしている。

でき上がったブリッジを見せられるが、日本で見るタイプと随分違う。
色も嘘っぽいし、かなり雑な造りだ。
しかもサイズが少し大きいみたいで、入れるとものすごく痛い。
「痛い!」って言ってるのにぐいぐい押し込む先生。
あまりの痛さに涙ぐんでしまった私の目尻を
おばちゃんはその手に持った汚いボロ雑巾のようなねずみ色のタオルで
そっとぬぐってくれたのだった。

あんなに痛い思いをしたのに、麻酔を打ったのは一回きり。
それもすごーーーく痛い。
サイズ合わせのために、歯じゃなくて、歯茎や唇まで削られて出血するし…
もう最悪。

日本だったら、ある程度口を開けたあとは、アゴが疲れないように
「ハイ、ゆすいで下さい」と言われる。。。
だが、そんな気遣いなどは全く無く、我慢しっぱなしの私。

061107c.jpg

「ちょっと合わないと思う」と訴えたが、大丈夫大丈夫の一点張りで
「合わなかったらまた来て」と言われた。
どう見てもブリッジの出来栄えは最悪で、かみ合わせも悪い。
というか、下の歯に当たる部分がなんと真っ平ら。。。
これじゃ顔が曲がっちゃう。

その後、どうしようか迷ったが、これ以上の技術はここでは望めないのだと諦めた。
結局数ヶ月後にバンコクでブリッジを削ってもらい、事無きを得た。
バンコクの歯医者は
「かみ合わせが合ってない」と言っていたが
そんなことも分からないのか、あの女医は!
ちなみに、いまだに私はあの時のブリッジを装着したままです。
スポンサーサイト

わたしだったら、間違いなく一時帰国してたな。
そして、そのまま日本に…という気がするな。
日本てほんといい国なんだよね。
トップの写真、すげぇイイ感じ。
やっぱあなたはベッピンさん。

2006.11.08 14:06 URL | イカ69 #- [ 編集 ]

>イカ69 さま
あの頃、帰国という言葉はぜんぜん頭に浮かびませんでした…何故?
そういえば、だんごさんが免許更新で一時帰国している時も
私はひとりで宿にいたんでした。。。
写真はすでに6年も前のもの…今やもう日焼後のガッサガサですよ。

2006.11.08 22:25 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

どうも。父ちゃんです。
仕事はおちつきましたか?
涼しくなってきたので散歩が気持ち良いですね。
トップの写真良いっスネ。惚れちゃいそうです。

2006.11.09 00:10 URL | やまたい父ーちゃん #- [ 編集 ]

>やまたい父ーちゃん さま
こんにちは。
来週以降にはなんとか行けそうです。
近々改めてメールしま~す。

「写真はどうにでも出来る」といういい見本みたいなものですかね…。

2006.11.09 17:35 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/117-e05fdfaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。