うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1000254.jpg

以前は、50~60代くらいの“押せ押せタイプ”というのか
ガンガンこちら側に踏み込んでくるおばさんって
ちょっと苦手だな~と思っていた。

でも、時雨を連れて毎日散歩に出るようになると
日々公園や道端で出会う人は、たいていそのくらいの年代の人が多い。

顔見知りになっていろいろ話をしているうちに
そして、おばさん達が連れている愛犬の様子を見ているうちに
思わずう~ん、とうなってしまうようなことも多い。
中には確かに、どうしようもなく吠えてしまう子や
噛みグセのある子もいるにはいるけれど、実は案外少数だ。

P1000258.jpg

かなりしつけにてこずるであろう
未去勢のオスのコーギーや柴やその他大型犬を
かなりイイコに育て上げているひとが結構いるのだ。

おばさん達はトレーナーの手も借りず
多分自己流のしつけをしているのだと思う。

P1000256.jpg

例えば以前見た風景。
コーギーの♂(時雨の友達)を連れたおばさんと私が立ち話をしていた時
向こうからコーギーの♂(またもや時雨の友達)がやってきた。
先にいた子がグルル…とうなり、吠え始める。
するとおばさんは、彼を足の間に入れて、落ち着いて諭し始める。
決して焦らないし強い口調で怒鳴ったりもしない。
飼い主同士は「コーギーの♂同士はしょうがないよね~」とか
「昔はうちの方がギャンギャン吠えてたよね~」とか言いながら
イキナリ近づけるようなことはせず、じりじりゆっくり近づいて通りすぎる。
気付けば犬はおとなしくなっている。
上手いな~。

P1000259.jpg

おばさんって
娘や息子たちの思春期特有のあの面倒くささも乗り越えて
定年退職したダンナを適当にあしらって
今日まで生きてきた重みみたいなものがある。
何年経っても浮き草暮らしのような私とは、随分違う。

「おばちゃんって、やっぱ強いな~」というひと言に尽きる。
いい意味でね。
うちの母親はぜんぜんそういう人ではない(天然少女のようなタイプ?)から
なおさら不思議。

そしておばさんたちはかなりの情報通。
私はといえば、いつも新鮮な情報をワイドショー並みに
素早く、しかもタダで知ることが出来るのがうま味。

P1000260.jpg
ま、今日のところはおばちゃんに乾杯(完敗)ってことで。
スポンサーサイト

私もおばさんパワーが苦手な一人なんですよ。
お散歩中なんかも気配を感じると、なるべく違う道に避けたりって事もある位...アハハ。
でもしつけ方がうまいというお話には納得しました。
学ぶ事も多いからこれからは避けずに近所つきあいしようかしら!

2006.12.01 19:09 URL | びーち&ぴーち #- [ 編集 ]

>ぴーち&びーち さま
何となく合わない人(犬)って、遠くに見えた時点で
そういうオーラを感じるんですよね、不思議と。
そんな時は、すれ違いざまに挨拶しても無視されたこともありました。
わんこが介入していても、結局人間付き合いなんですね~
うちは時雨が猛烈に人好きなので、可愛がってもらえるから楽してます!

2006.12.02 14:22 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/133-16476cf6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。