うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP4175.jpg

まだ、私が20代の頃。
確か渋谷発か高円寺発のバスに乗車していた時のこと。

終点にたどり着いて、さあ降りようかと腰を上げ
歩き出し、もうほとんどステップを降りきろうかという時だった。
「はやくしろよ! バカヤロー!」
運転手がマイク越しに、吐き捨てるように言った。
一瞬私のことかと思い、ギョッとして後ろを振り返ると
その目はミラー越しに後部座席を見ていた。
うろ覚えだが、座っていた人は若い人ではなかったと思う。
多分、初老くらいの年齢の人で、きっと居眠りをしていたのではないか。

思い起こせば、私自身も似たような経験がある。
小学生の頃に父親と二人で、となり町まで買物に行くということで
何か食べたり、買ってもらえるとワクワクしながらバスに乗った。
イザ降りようという時、運転手が父親に難癖をつけてきた。
理由はもう思い出せないが、確か小銭の持ち合わせが無く
おつりが足りないとか、無いとか、そんなくだらないことだったと思う。
百歩譲って、運転手にとっては
くだらないことじゃなかったのかもしれないけど。

IMGP4137.jpgIMGP4134.jpg

そこも終点だったので、他の乗客は私たちをじろじろ見ながら
どんどん追い越して降りていってしまい
車内には私と父親、運転手の3人が残った。
しばらく揉めた後で、運転手はいきなりバスを急発進させ
私と父親は転びそうになった。
そのことで父親はことさら怒っていた。

バスを降りてからも怒りは収まらず、バス会社に電話して苦情を言っていた父親は
それから一日中ずっと機嫌の悪いままで
楽しみにしていた買物も、なにもかもが台なしになってしまった。

バスの運転手が全てこういう態度だと言いたい訳ではない。
ただ、私は今でもバスに乗ると、このことを思い出してしまう。
子供の頃の後味の悪い出来事というのは、案外あとあとまで忘れないものだ。

以前ニュースで、沖縄の住民が基地問題か何かで揉めていて
父親が誰かと相当な剣幕で怒鳴り合っているのを
「お父さんやめて、やめて!」
「こわい、こわい!」
と言いながら、小学生くらいのふたりの女の子が引き離している映像を見た。
あの子たちもきっと、このことを忘れないんだろうな。

IMGP4128.jpg

マレーシアで古本を買った。
インド人の店員は私におつりを手渡しながら
「Have a nice day!」と言って笑った。
ほんとにこんな風に挨拶するんだ!
ビックリしたと同時にウキウキした気分になった。

言葉や態度ひとつで人の心なんていくらでも変わるのだから
出来るだけハッピーにお互いが過ごせるように毎日を生きればいいじゃん。
イヤな言葉は、耳にするのも目にするのもイヤだし。
スポンサーサイト

日本は、人口も多いですし、みんな一生懸命に働きすぎるくらいに働いていると思います。疲れている人たちが多いな、というのが、私が持つ印象なんです。だから、心に余裕がないのかもしれません。フランスも、また違った意味で心に余裕がない人たちが多いのですが(笑)、やっぱりラテン系。ある意味、いい加減なんです。それが、心に余裕を持つことにもなったりします。近所の人たちは、みなさん「良い日を!」みたいな挨拶してくれます。あと、男同士の揉め事には、見て見ぬふりですが、女性と男性の揉め事だと、すぐに誰かがそばに来ますね。たまに、私は、夫とお店とか道路で喧嘩になることがあるのですが、大抵、男性が、近くに寄ってきて「大丈夫か?」って顔をして見ますね。夫婦喧嘩とわかると去っていきますが。(笑)

2006.12.08 21:53 URL | Snoopyママ #- [ 編集 ]

>snoopyママ さま
ときどき通勤ラッシュの時間帯に電車に乗り合わせると
「毎日これじゃ、疲れるはずだわ」と思います。
今は小学生から大人まで、何らかのストレスを抱えているみたいです。
日本で心に余裕を持って道を歩いていたら、通行人に突き飛ばされそうですし(笑)
マンション暮らしでは「隣人の顔さえ知らない」とよく言われています。
でも、犬を飼っていると近所の人とも随分顔見知りになって楽しいですよね。
ラテン系…いいですね。わたしも、できることならそうやって生きていきたいですけど、「いい加減」というのはほとんど悪い意味でしか使われて無いですからね。
一応「良い加減」という意味でもあるのに・・・
それにしても、男女のケンカに仲裁に入るという人はいまだかつて見たことがありません。もしそんな人がいたら、逆にぎょっとして一緒に逃げたりして、すぐ仲直りしちゃいそうですけどね。

2006.12.09 18:15 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/138-ff3f3564

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。