うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
0702022.jpg

バリでのホームステイ(とはいえ部屋は別棟)暮らし。
そこで一番困ったのが電話の取り次ぎだった。
普通、宿に自分宛の電話がかかってくることなどまず無いのだが
踊りを習っていたので、先生との連絡にどうしても電話が必要になる。
バリ人は親族がらみの用事や突発的な儀式なども多く、予定がコロコロ変わる。
その度に「今日の練習時間を変更してくれない?」とか「あさってまで休みね」とか
当日になって、先生から急に電話が来ることも多い。

ホームステイのイブは、最初のうち
「電話なんていつでも取り次いであげるわよ」と愛想よく言っていた。

0702024.jpg
▲ホームステイではなく、高いホテルのガゼボに立つ私(なんと10年前!)

ある時私の治療費の請求のことで、どうしても保険会社に電話する必要にかられた。
ワルテル(国際電話をかけられる私設の電話屋)や電話局へも行って聞いてみたが、
どこも「フリーダイヤルもコレクトコールも出来ません」と言う。
しかし保険会社はそのいずれかでないと電話がかけられない。
考え抜いた揚げ句、とりあえずは宿のバパに
“フリーダイヤルなので料金はかからない”ということをしっかり説明したのち
「電話を貸してくれませんか」と頼んでみた。
うんうん…と私たちの必死の頼みを真剣な表情ですべて聞き終わったあとで、バパは
「イブに聞いてみないとわからない」と、いつものちょっと作り笑いじみた笑顔で言った。

バパが奥に消えた直後、イブはその場に私たちと一緒にいた宿の男の子、マデを呼びつけてものすごい剣幕で怒鳴リはじめた。
もちろん、さっきの今なので、きっと私たちのことだな…と察するのはたやすい。
そこへマデが戻ってきて、申し訳なさそうに言うのだ。
「この電話はコレクトコールをかけると壊れたりすることがあるから、貸すことは出きないんだって」
そんなバカな…とは思うけれど、そこまで明らかな嘘を日本人の私たちが信じるとでも思っているのか、それとも本気でバカにしているのか・・・
イブの本心は計りかねたが、これ以上何を言ってもとりつくしまがないという様子だったので、もはや治療費の請求を諦めるしかなかった。

0702023.jpg
▲こちらも近所の高そうなコテージ

きっと、私たちが嘘をついて
タダで国際電話をかけようとしていると疑ったのだろう。
でもその時点で既に4ヶ月も滞在して、相場よりも結構高い家賃を払っている。
それなのにまったく掃除もしてくれず、ごはんが出てこない日だってある酷い宿だ。
電話も私からかけたことなんて一度だって無かったというのに。
本当に頭に来る!
確かに電話を貸すのがイヤなのは分かるが、私たちの目の前でマデを怒鳴って
その足で「電話が壊れるから…」はないんじゃないの?
全部しっかり見てるんだから。やっぱりバカにしてたのかな?

電話絡みの話はまだある。
私が慢性の腎臓感染症に罹り、病院で血液検査をしてもらったときのこと。
後日その結果を看護師さんが電話で知らせてくれるという話だった。
イブにも「病院から検査結果を知らせる電話がかかってくると思うのでよろしく」と言っておいた。
しかし、来ると思っていた時間に電話がなかなか来ない。
あとで知ったことだが、電話は取り次がれなかったのだった。
看護師さんによると、電話に出たイブに「いません」と言われたので、一度電話を切り、数時間後にもう一度電話をくれたのだという。
すると今度は「寝てます」と言われたので「じゃあ起こして下さい!」
と頼むと、ようやくしぶしぶ取り次いでくれたという。
「思いっきり嫌そうな声出されましたよ~」
それでも彼女はこういうことには慣れっこですよ、と言っていた。

0702021.jpg
▲いいホテルにはこんな風にウエルカムカードなんて小洒落たものがあった

もちろん私たちは寝てなんていなかった。
バリではそういうことがよくあるそうなので、一度いないと言われても必ず
「よく探して見てもらえませんか?」と念を押す。
そうすると、たいてい取り次いでくれるとか。

こっちからかけるのをいやがるのは確かに分かる。
でも、取り次いでもくれないというのは・・・
一応ちゃんとした宿泊施設なのに。客無くすよ、ホントに。
スポンサーサイト

いつかはバリに行ってみたいと思っている私にとってとても興味深いお話しでした。
バリの宿は豪華でおしゃれ、サービスも行き届いているイメージが私の頭の中にあったからびっくりしました。
この宿はもしや以前に宿泊客から嫌な思いをさせられたのでしょうか?!

2007.02.03 03:58 URL | びーち&ぴーち #- [ 編集 ]

あぁーあ。こういうエピソードを聞くと
バリの良いイメージが崩れるよー。
これって全部同じイブの話?

でも、個人差あれど、仕方ないかもね・・・
前に図書館で「バリ島人の性格ー写真による
分析ー」という本を読んだんだけど、それ
読むと、納得できるはず。日本人には
とうてい理解できないわ。
機会あればぜひ読んでみて。

2007.02.03 12:28 URL | 8っ #- [ 編集 ]

チリタニさん、こんにちは。
いやぁ、、すごいですね。
あからさまに迷惑顔のイブさんが浮かんでくるようでした。
そのような対応では気分が悪いですよね。(><)
ひど~~い!!

2007.02.03 12:35 URL | syomin1 #vbu/5PMA [ 編集 ]

>ぴーち&びーち さま
バリのいいホテルは、内装も本当にキレイだし、見える景色も素晴しいので
楽しい旅になるのは間違いないと思います。
ただ、安い宿はまったく陽の当たらない部屋が多くて
シャワーも水しか出ないとかで、怒って現地で宿を変えた友達もいました。
この宿は、他の人もいつもイブの顔色を窺っていたので
彼女だけが強烈な性格だったんだと思います。。。

>8っ さま
バリではどちらかといえば、こんなエピソードばっかりかも!?
この話は全部同じイブだけど、留学してた友達からも似たような話を聞いたし
デンパサールでアパート借りてた人達も、ほとんど持ち主と揉めてたよ。
バリ人との付き合いにはある程度のコツがいるよね。
お金を何度か貸したけど、あげたと同じで絶対戻っては来ないものだしさぁ…
それにしても、「バリ島人の…」は絶対読んでみたい!

>syomin1 さま
ホームステイは、そこのイブの性格を見極めてから決めれば
まあまあ快適に過ごせるようです。
あと、私の経験では何事も短い人(宿泊も習い事も)の方がチヤホヤされて
長くなると嫌な顔をされたり、小言を言われたりが普通みたいです。
日本の昔の田舎と同じで、近所の小うるさいおばさんって感じなんです。

2007.02.03 21:46 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

基本的に女の人の方がきっちりしているよね。ま、働いているのが女の人だからかもしれないけど。
うちの旦那も、ずっと世話になっていたロスメンで
よく面倒を見てくれた御主人が亡くなったとたん、
きっちりした奥さんに「あれは幾らかかる」だの「これはだめ」だの
まるで融通の利かないつまらない宿になってしまったって言ってたわ。

全ての人がそうではないし、なんともいえないけど
日本人には到底理解出来ない事も沢山あるもんね~。

あーバリ行きてぇ~

2007.02.07 13:15 URL | イカ69 #- [ 編集 ]

>イカ69 さま
南の国ってなんで男は働かないんですかね?
沖縄も女が働く文化だ! って言ってるウチナンチュがいましたよ。
たいてい宿の旦那さんはニコニコしてていい人なんですよね~
奥さんは締まり屋が多いかも?
このイブの妹もスゴイ人で「さすがは姉妹!」と納得したもんです。
いい人もいっぱいだけど、やっぱり中に入っていくには
かなり難しいものがあると感じましたよ。
だから、旅行者として楽しむのが一番幸せですよね~
私もいつまた行けるのやら・・・

2007.02.07 19:37 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/161-563e1c53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。