うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
070228b-1.jpg

昔会った、ちょっと忘れられない犬がいる。
場所はインドのガンジス川のほとり。
ほんとは犬だけじゃなくて、野良ヤギや猿もたくさんいる場所。
こんなふうに栄養状態状態が悪い仔犬も多い。
というより、このあたりには動物だけじゃなくて
人間も同じような状態の人がたくさん道端に溢れていた。

栄養が足らなくて足が曲がっているのか、それとも
先天性の疾患なのかは私にはわからない。

狂犬病ウイルスが存在するインドでは
野良犬には近づかないのが身の為だというのは分かっているのだけれど
でも、やっぱり可愛くなってしまう。
仔犬だからなおさら、人の近くに寄り添ってくる。
写真ではよく分からないけど、だんごさんが持っているモンキーバナナを
あげてみた。

070228a-1.jpg

今でも生きているかはもちろん不明。
案外しぶとくやってるかも。
けっこう酷い状態でもなんとか生きてる犬をあちこちで見かけたから。

ちょっと可哀想な写真を載せてしまったかな。
昔、幸せな犬のことを書いた記事があるので、よかったらこっちもどうぞ。
http://heyoka.blog68.fc2.com/blog-entry-22.html#more
スポンサーサイト

お写真、衝撃的でした。
写真の子犬ちゃんは、優しい目をしていますよね、、、
犬は自分の人生を選べないー。
寂しい時も病気になって苦しい時でも、誰にも頼らず生きているのですよね。
このお写真は、何年前のものですか?
優しい方に救われているって事はないのかな?!やっぱり、、、
いろいろと考えさせられましたー。

2007.03.10 03:30 URL | びーち&ぴーち #- [ 編集 ]

飼い犬と野良犬はぜんぜん違う運命をたどりますよね。
といっても、飼い主が食事や運動の管理を
すべて握っているのだから、ちゃんとしてあげないと
かえって可哀想なことになりかねないな…
なんて思ったりもします。
写真はもう、5年くらい前のものです。
「インドは嫌なヤツばっかリ!」って思ったこともあったんですけど
実はいい人もいたので、何とか生き延びていてくれたらいいな~と
願わずにはいられません。

2007.03.10 23:00 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/174-2b784772

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。