うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSCN0343.jpg

最近、飯島愛の引退報道で〈腎盂腎炎〉という病気が取りざたされている。
実は私も、過去、この病気には何度も悩まされたクチなので
海外での闘病記を少し書いておくことにしましょうか。

あちこち外国をふらついていた私たちだったが
それでもだんごさんはほとんど病気知らず。
私はといえば、ひとり30数万円ほどの、掛け捨て海外旅行保険の元は完璧に取ったか
というくらいの病気三昧の日々だった。
ただ、他のどんなに不衛生な土地で暮らしても特に問題は無く
あの悪名高きインドでさえも、お腹すら壊さなかったというのに
どういうわけか、病気になるのはいつもバリだった。

帰国後に友達と話していたら
「きっと誰かにイタズラされちゃったんだよ!」
で、その場の全員が納得。やっぱりバリって、そういう場所なんだな。

中でもいちばん苦しんだ病気がまさにその、腎盂腎炎。
まあ、後から考えてみれば、毎日暑い中、踊りの稽古をして疲労は蓄積しているし
汗の量の割に水分の摂取量が足りなかったかもしれないとは思う。
症状は、急な発熱とかなり酷い腰痛、吐き気、そして血尿が出たこともあった。
日本で1度経験しているので、自分でも症状が出てすぐにわかった。

医者で検査をすると、血尿と、タンパクが出ていると言われ
一度罹ると、踊りの稽古に戻れるくらいに回復するまでに2週間近くはかかるので
けっこう厄介な病気だった。

雨期など、菌の繁殖が多そうな時は、「もしかしたら、洗濯に使う水が汚染されているのかも」とか「なかなか乾かないから洗濯物に菌がつくのか」と考えて
毎日すすぎの仕上げに、殺菌剤(バリではよく使われている)を入れてもみた。

自分なりにいろいろ気を使ってはいたものの、結局数ヶ月に一度は必ず罹り
時には一度治って、2週間後に再発…なんてこともあった。
腰の痛みは本当にひどく、眠れないことも多かった。
一時は腎臓結石を疑われて、レントゲンを撮りたいと医師に言われたが、拒否。
抗生物質と、オシリにぶっとい注射を打たれておしまい。

その時、友達に送ったメールを読み返してみたら
あろうことか3ヶ月で5回も罹っている。これは尋常じゃない。
あまりに辛いし、困るので、医者に「なぜ何度も繰り返してしまうのか? 予防法は無いのか」と聞いてみると、返事は
「I don't know」。
I don't knowはないだろう?
すくなくとも、それは医者が言う言葉ではない。

しかし、そのドクター、「バリではあらゆるところに菌がいるから防ぎようがない」
というようなことをおっしゃる…。
私だって、気を付けるべきところはかなり気を使っているつもりだった。
でも、ほんとうに尋常じゃない。
だってバリ以外では同じような症状に悩んだことは一度も無く
どういうわけかバリに居る時にだけ罹ってしまうのだ。

ドクターはこちらが聞かなければいっさい何も教えてはくれないので
私たちはいつも質問攻めにしていた。

DSCN0227.jpg

そのうち、田舎の診療所では信用出来ないと感じ始め、バイクに乗って
街中の大きい病院に行ってみることにした。
そして、そこでようやく私の腎盂腎炎闘病記も終焉の時を迎えることになる。
血液検査や細菌の培養をしてもらった結果、判明したこと。
結局3ヶ月前にはじめて罹患した時からずっと、治っていなかったらしい。
4回再発したわけではなかったのだ。。。

おまけに、何度か違う医者に行き、その度に3日間とか長くても5日間程度
種類の違う抗生物質(しかもその菌にはまったく効果のない)を飲んでいたせいで
菌が耐性を持ってしまったようだ。
かなり困ったことに、現在、その病院に置いてある錠剤の抗生物質では治らないと言われた。
1日に2回打つ注射での治療法があるとのことだったが
アレルギー体質の私は、パッチテストの結果、残念ながらその薬に反応が出て
使えないことが分かった。

そんなこんなで、医師が専門医やジャカルタに薬の手配をしてくれるという、やけに大げさなことになってしまったのだ。
それまでも、近くのクリニックや私立病院に行った時に
「慢性化していたら怖いので、血液検査をして下さい」と訴えていたのに
検査はせずに問診のみで「大丈夫でしょう」で終わり。
こういうのは日本でも同じだけど。

ここのクリニックで貰った診断書を見たら
しっかり《慢性》の文字が書かれていた。
ただ、腎機能の低下が見られなかったのは不幸中の幸いだろう。
そうでなければ、人工透析になる可能性も充分あったと思うと恐ろしい。

そしてその後、適切な投薬治療によって、無事に完治し、事無きを得たのでした。
スポンサーサイト

あたしは10年前に、膀胱炎に苦しんだ事があります。その時勤めていた所がすごく忙しい所で、立ち仕事の上、トイレにも行けない状態が続いたため、そうなったのだと思うのですがその時も血尿や残尿感がひどく大変でした。
でも、外国で病気になるというのは、なんとも大変ですね。。
そして、今、腰痛で苦しんでます。。疲れがたまったのだろうと先生は言ってましたが、なかなか苦しいものですよね。毎日湿布やほっカイロを腰につけて仕事してます。。歳を感じる今日この頃です。。涙。。。

2007.03.11 15:17 URL | SHU #- [ 編集 ]

いやぁ、本当に私には出来ない事しているね。
海外で病になったら、いの一番に帰国するタイプの人間から言わせてもらうと
「やっぱあんたたち凄いわ」という感じです。
完治したからよかったけれど、大きい病院や日本語が通じるドクターがいなかったら、
恐ろしくて恐ろしくて。
私みたいな人間は、己がドクターにならないと、海外にはいけません。
ほんと、治ってよかった!

2007.03.12 16:51 URL | Namanya tidak ada #- [ 編集 ]

うわ~、高いっ!
掛け捨て海外旅行保険のが、ひとり30数万円もするという事に驚きました。

「腎盂腎炎」は菌が原因なのですか?
発熱、酷い腰痛、吐き気、、、
慢性化するなんて想像するだけで恐いです。
チタリニさん、治ってよかったですね。

私は5年前に急性蕁麻疹になってから、慢性蕁麻疹&アレルギー持ちになってしまいました。
痛いのも嫌だけど、酷い痒みも辛いですよ~。
現在は、月1に病院へ行って簡単な診察後に処方箋を書いてもらうだけなのですが、かなり面倒です。
5年以上も病院を転々としながら通院していると、チタリニさんが最初に言われた様に、医者からは「治りにくい」とか「予防法はない」と言われていてね、
日本の皮膚科は私には冷たい様です。
私の場合は、慢性だから仕方ないのかな。

予防法がない病気は、自分ではどうしようもありません。
病気になると健康体の有難みが分かる様になりますね。


2007.03.12 18:03 URL | びーち&ぴーち #- [ 編集 ]

>SHU さま
接客業ってトイレに行きにくいから、膀胱炎になる人多いですよね。
私も学生の頃は販売員のバイトが多かったので、よく分かります。
そういえば、時雨も去年末に膀胱炎で血尿…
何度もトイレに行っては出ない出ないと辛そうにしてました。
犬の場合は何が原因なんでしょうね~?
腰痛といえば、私もずーーっと持病化してますよぉ!!!
医者に、「腰痛体操」勧められませんでした?
去年は四十肩にもなって、相当な痛みを味わったし。
ホントに、20代とは違う体の辛さを感じてます・・・

2007.03.12 18:15 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

>イカさんですよね?
そういえば、最後にハワイに行ってから沖縄~本州という帰国方法を考えていたんですけど、ハワイに行く前のバンコクで交通事故に遭ったって言いましたっけ?
その時はさすがに1ヶ月後くらいに帰国しました。
コンクリートに頭打ったので、ヤバイかも…ということで。
でも、死ぬかと思いましたよ(半分マジで)。
日本にいると、わりとすぐ病院には行く方だと思うんですけどね。。。

>ぴーち&びーち さま
旅行保険は確か「3年間」だったと思います。
その時は1年以上はダメだと言われたんですけど、私たちが行った代理店というのが
個人旅行者に優しいところで、保険会社に掛け合ってくれたんですよ。

腎盂腎炎の原因は菌で、種類がいろいろなので、それに合った抗生物質じゃないと
効果がないと言われました。

アレルギーも辛そうですね。
アトピーの人に聞くと、痒くて気が狂いそうって言いますよ。
それと、皮膚科の先生って、結構冷たい人が多いですよ!
私も何度か嫌な思いをしました。
横柄だし、それほど酷くないときは「こんなの大したことないよ」とか平気で言うくせに、絆創膏にかぶれて広範囲に背中が赤くなった時
嬉々として「写真を撮らせて欲しい!」なんて言われました。。。
それにしても、私は若い頃から病気がちだったので
「健康だったらいいのにな」と、今でも思ってばかりなんです。

2007.03.12 23:12 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

OS入れ替えたんだった。名前書き忘れてゴメン。イカです。
乱暴な口調なので、すぐにわかっちゃうね。

2007.03.13 14:27 URL | IKA69 #- [ 編集 ]

病気、治って良かったですね。
日本でも病院選びって難しいと感じますが
海外では 尚更でしょうね。。
チタリニさんて 
いろいろな経験をしてきて
いるのですね。(@@)




2007.03.14 15:33 URL | syomin1 #vbu/5PMA [ 編集 ]

>イカ さま
乱暴ではないですけど(笑)、やっぱり何となく分かります。
何ででしょう?
多分、普段しゃべっている口調と文体が一緒だからですかね~

>syomin1 さま
海外の場合は良い病院情報なんていうものは無いので
外国人向けの病院か、私立に行くしかないんですよ。
国立に行く場合は、衛生面などで不安なことも多いです。
私立でも、いつも「注射針は使い捨てでお願いします!」が口癖でした。。。

2007.03.15 23:05 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/175-8dee4b00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。