うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP3828.jpg

あれからもう、20年か。

引っ越し作業で昔の雑誌を見つけて、ぱらぱらめくりながら思い出した、
1987年4月19日のできごと。

音楽好きだった私が、その日訪れた先は日比谷野外音楽堂。
今になって思えば、会場に入る前から既にかなり危険な状態だったから、その後に起こることが予測できたのかもしれない。
今となっては何を言っても仕方のないことだけど。

会場待ちで長蛇の列になっているときにも後ろからガンガン押されて、人の列はかなりうねり、あちこちで人が転倒して、私も友達も転んだ。
何人もの人が自分の体の上に折り重なり、下敷きになって息が出来なくなり、苦しくてもがいていると、周りの人が腕を引っ張りあげて助けてくれた。

私は同じ学校の友達数人と、固まって会場になだれこんだ。
ライブが始まるとすぐに、後ろから次々と人が押し寄せてきて、最前列の中央付近に陣取っていた私たちはあっという間に押し潰されてしまった。
少し動くと転んでしまい、上からどんどん人が乗っかってくる。
倒れ込むというより、後ろから人を乗り越えてステージ前に来る人たちの勢いが想像を絶するほど凄い。
2~3回下敷きになって死ぬ思いをしてから、さすがにこれはヤバイ…と悟り
友達と目配せして、ステージから向かって右端に移動することにした。
誰もがみんな中央に向かって必死にもがいているので、一線を退くことは比較的たやすい。

IMGP4994.jpg

危険なライブに慣れている私でさえ、あの日の状況は尋常じゃないと感じていた。
頭の上を、目の前を、どんどんどんどん人が運ばれていく。
ぐったりした女の子を警備員が抱えて裏手に引きずっていくのが見える。
ふと見上げると、白目を剥いている人の顔も見えた。
端にいる私は、比較的落ち着いた状態で中央のうねりを観察することが出来たが、明らかにぐったりしている人を見ているうちに不安になった。
場内にも、何ともいえない雰囲気が漂ってきていた。

しばらくして、Vo.のチャーミーが「呼吸をしていない人がいるんや」
と言うと、場内は騒然となり、そこでライブは中止になった。

会場の外に出てからは、かなりの時間をかけて待ち、なんとか友達全員と落ち会うことができた。病院に運ばれた人の中に自分の友達が入っていなかったことにホッとしたけれど、とにかくみんな疲れ果てていて、お互いの無事を喜び合う余裕なんてなかった。
帰りの電車でも誰ひとり口をきかなかった。
ただただ黙って電車に揺られ、疲れて居眠りをして、最寄りの駅でひとりひとり降りて行く。私もそのまま真っすぐ家に帰った。

IMGP3854.jpg

翌日、どんよりした気分のままで学校に行くと
「大丈夫だったのね~、良かった~!」
担任の先生たちがほとんど半泣きの状態で言った。
その件はすでに前夜のニュースにもなっていたので、亡くなった人の中に自分たちの生徒がいないか、かなり心配したそうだ。
先生達はやけにテンションが高かったけれど、私たちはといえば、もうそのことについて話すのもイヤ…という気分。

あの日亡くなった若者が3人だったということは、後になって知った。
雑誌や新聞などで、批判記事やセンセーショナルな報道のされ方もかなりあったらしいが、私はそれらをほとんど読んでいない。
その後、メンバーの4人は「宝島」にメッセージを寄せて
あのことは「きちんと記憶しておいて欲しい」と書いてあったそうだ。

IMGP4598.jpg

友達のお母さんは、亡くなった人たちのお葬式に出かけた。
「もしかしたらうちの子だったかもしれないから」
相手のご両親にはそう話したという。

あの時一緒にライブに行った友達とは今でも友達だけれど、あれ以来このときのことが話題にのぼったことはない。
たったの一度も。
多分、これからも話すことはないだろうけど、みんな、忘れたわけではないと思う。
スポンサーサイト

そういえば、そんな事あったなぁ。。と、懐かしく思い出しました。というのも、実はあたしも17、8年前ぐらいに山形の小さいライブハウスにlaughin'nose来た時、行きました。まさに、ゲット ザ グロリー世代です(バンドブームにまんまと乗っかってました!)。はは。
あの頃、ダイブとか人の上ぐるぐる転がるのとか、結構ありましたよね。(今でもあるのかな?)あたしも窒息しそうになった事あります。
お友達の方はその記憶をそっと胸にしまってるのでしょうね。。

2007.04.13 12:46 URL | SHU #- [ 編集 ]

>SHU さま
SHUさんも、バンドブーム世代ですかぁ。
今となっては、なんだかこっぱずかしい気もしますよね~
最近は鋲打ち革ジャンの人とかぜんぜん見かけないし、長髪の男自体が少ない(旦那はそうですけども)し、時代はオシャレ系へとスイッチしましたね。。。
ダイブはどうなんでしょう? ちっちゃいライブハウスではやってそうな気が。
友達同士であんまり昔話ばっかりじゃ、年寄りくさい感じになっちゃうから
胸にしまっとくのがいいのかもしれないですね。

2007.04.14 20:34 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

もしかしたら自分も傷ついていたかも…

運良く抜け出せてこられたけれど
身長低いし、いざという時に押し返す力もなかったしね。
若い衝動って、時に残酷。

今でもたまに「ゲット・ザ・グローリー」歌います。
もちろんカラオケで。

2007.04.16 13:02 URL | IKA69 #- [ 編集 ]

>IKA69 さま
イカさんも行ってたんですね。。。
お互い、しっかり今があって良かったですね。

確かに若い頃って、あんまり深くは考えずに
かなり危ないこともやってたような気がします。
今じゃすっかり用心深くなってしまって、昔が懐かしいです。

そういえば、わたしとだんごさん、
カラオケには10年くらい行ってないような気が?

2007.04.17 23:23 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

じゃあ今度ぜひ、
10年ぶりにいい声聴かせてくださいませ。
だんごさんとチタリニの歌声、大好きです。

2007.04.18 10:46 URL | ika69 #- [ 編集 ]

>IKA69 さま
だんごさんのあの歌声を聞いて、久しぶりに大笑いしたいですねぇ。
それより、最近の音楽というものをぜんぜん聞いてないので
CDTVでも見て、レパートリーを増やしときます!

2007.04.18 20:22 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

ブログも再開したのね~(って、気づくの遅い私・・・)
あの時のライヴ、行ってたんだ!
あれから1年位活動中止してたよね、ラフィン。それで一年ぶりに田沢湖でやったんだっけ? 私はそれからしばらくしてライヴ行ったよー。
そんなこんなで月日が経って、たまたま
チャーミーとひと晩だけ遊んだことがあるん
だけど、さすがにあの時のことは聞けなかったな~。
でもとっても良い人で、なんか2人でハードコア談義とかしたよ~。ゲットザグローリー
をポンに歌ってもらったりもした笑
「俺がもし8っちゃんやったら髪をオールバックにしてもっと胸はって姿勢を良くするで」って言われたのが印象的・・・。
いまだに姿勢悪いけどね・・・

長文失礼!

2007.04.19 02:30 URL | 8っ #- [ 編集 ]

>8っ さま
こっそり? 再開したのよ~
特にラフィンのファンって訳じゃなかったんだけど
あの頃は同じ学校の子とか、ライブ友達みんなが行ってたんだよね…
時代なのかな~?
だから野音以来ライブには行ってないんだけど
確かにみんな人柄は良さそうだよね。
>「俺がもし8っちゃんやったら…」のくだり、髪をオールバックっていうのは
どういう意味なんだろ?
なんか笑える。
でも、8っちゃん、姿勢は悪くないよ~
踊りの時とか、いつも真っ直ぐ立ってるイメージあるけど…

2007.04.20 22:30 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/181-19c64e89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。