うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP5808.jpgIMGP5810.jpg

ここ数日、ずっとmacの調子が悪いと思いつつも、騙し騙し使っていたら
とうとう末期状態に。
ぶるぶる激しい振動を感じるし「ウィーン…ウィーン…」と、うなり続ける。
どういうわけか、左側を上にして傾けるとうまく繋がることがあるので
「どうせ壊れるなら」と、普段なら絶対しないような置き方になっている(左)。
残念ながら復旧のめどは立たず、思案にくれていると
だんごさんがサブのノートブックをくれた(右)。

これからまた、心機一転いきたいところだけれど、写真も入れてないし
同じmacでもキーボードの感触も全然違うからまだ慣れていない。
しばらくはしょうがないか。

と、ここまでは枕。

IMGP5663.jpg

ちょっとばかり気だるそうにも見える時雨さん。
今日は原因不明の下痢にて病院へ。
散歩中も元気だし、朝食は消化のいいスープをあげたらあっという間に平らげたので
そんなに心配しなくても良さそうかな。
それよりも、10キロあった体重が順調に減り続け、とうとう8.3キロまで痩せてしまい
獣医さんも「困りましたね…」という感じ。
とりあえず、動物性タンパク質以外の全体の食事量を増やして様子を見るということで合意。

実は、不安なことはこれとはまた別にある。

IMGP5660.jpg

1週間くらい前。
朝の散歩から帰ってきて、ごはんを食べさせて
いつものように顔と口の周りを拭いていた時。
下あごのしわのあたりに1~2ミリ程の黒い物体が見えた。
ひじきのかけらみたいな感じだったので、朝ご飯のカスかと思い
「なんか付いてるからよく拭いてね~」と、だんごさんにゴシゴシこすってもらった。
でも、全然取れない。
「何コレー?」
私が爪の先で引っ掻いて取ろうとしかけて「ハッ」とした。
「これってもしかして、マダニじゃないの?」

IMGP5661.jpg

よくよく目を凝らしてみると、小さいながらも、どうも甲虫のおしりっぽい。
頭は皮膚に食い込んでいて見えない。
明らかになにかが噛みついている気がする。
さっき帰って来たばっかりだけど、急いで出掛ける用意をして獣医までダッシュ。

診断の結果、やっぱりダニでした。
鉗子で取ってもらい
「これが血を吸うとこんなに大きくなるんですよ~」
という恐ろしい見本(ホルマリン漬)を見せてもらったそれは
ゆうに1~1、5センチくらいあった。
時雨に噛みついていたのは、1ミリ程度の大きさだったのに。

IMGP5662.jpg

実は、私たちは時雨に蚤ダニ駆虫薬を垂らしていなかった。
肝臓病の犬の飼い主さんたちに聞くと、みんな口々に言う。
「駆虫薬を垂らすと肝臓の数値が上がる」
「急に具合が悪くなることがある」
「結局は殺虫剤だから肝臓に悪影響を及ぼす」

駆虫薬を垂らしている友人宅の長毛犬種の場合、
ブラッシングすると、ダニや蚤の死骸がボロボロ落ちてくるという。

IMGP5775.jpg

うちは今までずっと「舐めても安心な虫除けスプレー」をつけていた。
駆虫薬ではなくて、忌避剤。
散歩後は必ず体全体をタオルでよく拭いて、ついでに転がして
わき腹や体の軟らかい部分をこまめにチェック。
「顔以外にスプレーして下さい」と書いてあったので顔面を避けていたら
顔に付いてしまった。
そりゃそうだよな。考えが甘かった。
体のしわの奥、隅々までつけていなければ意味がないよねぇ。

以前から獣医さんに「時雨ちゃんはアレルギー体質なので、蚤やダニが1匹付いただけでも相当かゆがるでしょうから」と、駆虫薬を勧められてはいた。
それを何とかうまいこと言って逃げていたのだが、今度の件で「ほら、やっぱり~」ということになってしまった。

「とりあえず1回やって、それで何かあったらまた考えましょう」ということで
結局垂らすはめに。

今月の初め、今までせっかく順調に下がり続けていたALPの数値が上がった。
フィラリア駆虫薬を飲ませたこととの因果関係は不明だし
獣医さんは「問題ない」と言うけれど、やっぱり不安は拭いきれない。

IMGP5666.jpg

結局どちらを選ぶかなのだけれど、やっぱり来月からはやめようかな。
顔にも付けられる忌避液を買うか、エッセンシャルオイルを自分で調合してまんべんなく塗るか。

あとはおろしにんにく(やりすぎは貧血を起こす。少量ならば虫除けと免疫力アップ効果あり、とホリスティックの獣医さんが言っていました)を食事にプラスしてみようかな。

今後、肝臓の数値が上がるかどうかだねー
スポンサーサイト

時雨ちゃん、いろいろとセンシティブなんですね。我が家の場合ですが、春ころから秋にかけて、フロントラインを付けてます。やはりパリ郊外は、田舎なので、虫も多いですし、何よりも、獣医さんに聞いた話なのですが、ダニだかノミの一種で、とーーっても恐ろしい虫がいると聞いて・・・要するに病気だか毒をもった虫で、これに刺されると犬は、3日で死んでしまうそうです。すぐに気がついて治療すれば、大丈夫だそうですが、3日しか時間がないわけです。実際に、ドッグフードのお店のオーナーも、去年お客さんで2匹も、この虫にやられて死んだ犬達がいると言ってました。
ところで、フランスでは(南フランスを抜かして)、フィラリアってないらしいです。スヌーピーも、フィラリアの薬は、何も飲んでません。

2007.05.21 20:39 URL | Snoopyママ #- [ 編集 ]

>Snoopyママ さま
そうなんです。センシティブすぎてかなり困ってます。
本当は最近、おもらし→膀胱炎とか、内股の湿疹など病気三昧なんですが、「おやじの病気自慢(笑)」みたいになりそうなので、詳しくは書いてません。
フロントラインは、まだ悩み中です。
肝臓の数値を見ながら考えていこうかな、と思っています。
そういえば、私もその恐ろしいダニの話は知ってます。
海外にいた頃に、常に疾病治療の本を読んでいて、その中にありましたよ!
人間も死んだらしいですよ。ロシア方面に多いとか。

それにしても、南仏以外はフィラリアが無いんですか?
要するに、風土病みたいなものなんですねー
私なんて家で蚊を見つけるやいなや、すぐに潰す癖がついてます。

2007.05.22 23:25 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

うわー、奇遇(笑)?!
ウチのPower Bookもこのところ「なんか嫌な感じ」。。。
ある日突然「もうダメ」と根をあげるんじゃないかと
ハラハラしてるとこです。

横むいてるMacさんに思わず笑ってしまいました。
ウチもなんかあったらまずコレやってみます(^m^)

だんごさん、先日はおつかれさまでした☆
「会う度にお互いの『ウチの子病気自慢』してますよね」
なんて笑い話をしましたが。

これからの季節もまた気をつけること山積みですよね、ハァ~。。。

うちのホリスティックの先生はリバーについて、
「狂犬病、ワクチン接種はNG!ノミダニ予防、
フィラリア予防はして」だそう。

肝臓、平気かなぁ?
リバーは(老いのため)自分で掻いたりできなくなったこと、元々フィラリア感染歴あるし・・との理由からかな。

そうそう♪最新の検査、1年ぶりに
肝・腎臓の数値がぐっと下がりました♪
ジェモサラピー他サプリ類の成果かも?

2007.05.25 14:31 URL | リバーんち。 #aOC44iYM [ 編集 ]

>リバーんち さま
せっかくおニューにしたというのに、実はついさっきまでまた調子が悪くて
画面もチラチラ…「もしかして不良品かなぁ?」なんて話してたところです。
ノートブックって壊れやすいですよね~
何かあったら《横向き》、ぜひぜひ試して下さい(笑)

そうそう…毎回、私も一緒にスタジオに行こうと前日まで思っているのに
いきなり時雨が体調崩すっていうパターンなんですよ。
置いてかれるのを察知してるのかな?
〈携帯で見るリバー〉を楽しみにしてたのに…

ワクチンが体に負担がかかるのはもちろん分かりますけど
だったら、フィラリアもノミダニ薬もどうなんだろーって思いますよね。
でも、フィラリアはやるしかないですもんね。罹って苦しませるのは嫌だし。
ノミダニは何とか、殺虫じゃなくて虫除けで対処したいんですけどね。。。

それにしても、肝・腎臓の数値が下がったなんて、いい知らせですよー!
私もサプリにするか、オーガニックハーブティで代用するか考え中です。
いずれにしても、長く続けるのがいい結果を産むわけですよね!
今年の夏は猛暑になるかも? って予報が出てたし
がんばって乗り切りましょうねー!

2007.05.25 23:17 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/191-669ab157

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。