うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSCN0047.jpg

旅の最中、私たちはずっと嘘をつき続けていた。
現地で仲良くなった人たちに。
時には同じ日本人にも。

バリでは「踊りを習う」という目的も兼ねての滞在だったせいで、通常の旅行ではありえないような濃密な関係を、バリ人やその他の外国人とも築くことになった。

例えば、長期で借りていたバンガローの大家さん一家。
踊りの先生とその家族。
毎日のように通ったいくつかの食堂のイブたち。
商店の人。
数え上げればキリが無いほど多くの人との接点が生じる。

そして、全く見知らぬ人から「昨日○○にいたでしょ~」と声をかけられることもしょっちゅうで、相手はどういう訳だか私たちを知っている。
というより、滞在していたペネスタナン周辺のバリ人は、ほとんどみんな私たちのことを知っていたみたいだった。
バイクで走って、フルフェイスのヘルメットをかぶっていても「ハ~イ!」と手を振られる。どうもヘルメットの柄まで覚えられているようだった。
「あそこのバンガローには日本人カップルが長期滞在している」のは周知の事実。
ある意味、治安面においては最高ともいえるこの環境。

DSCN0048.jpg

そして、ついていた嘘は「私たちは短期間の旅行でここに来ています」ということ。
同じ先生に習っている日本人の女の子たちにもホントのことは言えなかった。
ごめんなさい。実はぜんぜん日本には帰ってなかったんだよ。

ただ、これには理由がある。
何年間も帰国せず、仕事もせずにぶらぶらしていると、どうしても「あいつらはお金の管理をどうしているのか?」という疑問を人に抱かせることになる。

大金を持ち歩いている(もしくは銀行に預けてある)と思われては、強盗や泥棒などの危険が増す。
最近は日本にいても「治安が悪くなった」と実感するような事件も多いが、やはり外国の方がずっと危ない。安全そうに見えるバリにしたって、実は泥棒が多いし、クタ方面は強盗の被害もよく聞く。実際、友達の同僚がバイクのひったくりに遭って、取られたバッグを離すもんかとぎゅっと掴んだおかげで、顔から地面に突っ込んで大怪我を負ってしまった。ウブドで日本人の変死体が見つかったことも、欧米人が近所の夜道で襲われてナイフで数カ所刺された、なんてこともあった。

「日本で半年働いて、半年海外に来てるんだよ」
…とまあ、そんなふうに周囲の人を騙し騙し旅を続けたわけ。

DSCN0066.jpg

ただ、困ることも多々あった。
踊りの先生に「今度来る時は日本でこれを買ってきて」と、とあるメーカーの美白クリームの空ジャーを持って来られる。「わかった」と答えはするものの、まいったなと思う。さてどうするか…
仕方なく途中で寄ったバンコクやシンガポール等の都会で探してはみるけれど、大概見つからない。
結局は違うメーカーの美白クリームを買って「いくつかお店を回って探したけど無かったよ。だから代わりにこれ買ってきた」と言ってなんとかごまかした。
あとは「半年働くって、どんな仕事をやってるの?」と聞かれることも多い。欧米人とかにね。
それはまあ、フリーでやってるからとかなんたらかんたらで。
いずれにしても、かなり怪しい日本人だったことは否めないだろうね。

でも、ボロボロのバックパッカーっぽさを醸し出すのは絶対に嫌だったので、ちょくちょく洋服を新調した。といってもTシャツや短パンだけど。
あんまり汚くしていると、変な奴に目を付けられてしつこくつきまとわれたり(特にインド、ネパール)するからね。
だからきっと、誰もが私たちのことを長期旅行者だとは思っていなかったはず。

DSCN0412.jpg

どの国のイミグレを通る時も、手持ちの洋服の中から、襟付きのシャツなど出来るだけカチッとした洋服を着るようにした。
そのせいか、相当ドキドキしながらだった帰国時の税関も、拍子抜けするほどあっさりと通れた。

あー、でも一度だけ、だんごさんが怒られたことがあったっけ。
ガルーダに乗る時、カウンターの人に「機内でその格好はダメだ」と言われたのだ。その時はタンクトップ姿で、近くにキャミソール姿のギャルがわんさかいたので「あの子たちは何でいいの?」と聞いたら「女の子はいいんだよ」だって。
「何で男はダメなの」と思いつつも仕方なく、バックパックから半袖シャツを出して着ていた。

それと、友達(女の子だよ!)で、なんとなんと「あそこ」に指を挿入されて隅々まで確かめられた、なんていう子もいたから、ホントそんな目に遭わなくて良かったー
あぶないあぶない。
スポンサーサイト

時に訳のわからない事するよね、外国の人。
日本にもそういう輩はいるんだろうけれど
空港職員では、なかなかいないだろうなぁ。

男子のタンクトップがダメな理由とか
全然わからないもんなぁ。

不思議としかいいようがないけど
きっと何処かの国の人から見たら
日本も変な国なのかしら…

2007.05.25 15:05 URL | ika69 #- [ 編集 ]

>ika69 さま
ほんとに訳わかんないですよ。
普通、ギャルが肌を露出して「宗教上」とかなんとか…っていうんならわかりますけどね。

でも私が思うに、チャラチャラして見える(長髪だし)から
「ちゃんとした服装をしろ」ってことかな、と。
なにせ空港職員は《エリート》ですからねー

変といえば、バリの日本語誌に現地の人の言葉として
「日本の男は目を合わせないで、おたくみたいなのばっかり」って書いてありましたよ。

2007.05.25 23:25 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/195-ddbacc60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。