うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP5982.jpg

何となく全体的に落ち着いたこともあって、今日は、防災用品を詰めてあるリュックの点検をした。
すると………なんてこと!!!
2年以上中を見ていなかったのが災いした。
ドライフード(その頃は手作りではなかったので)は、かなり前に期限が切れているし、人間用非常食(スニッカーズやカロリーメイトなど)も同じく期限切れ。
「1年前に賞味期限切れてるけどどうする? 捨てる?」と、だんごさんに聞いたら
「朝ごはんにすればいいじゃん」というので、今朝はそれらをもそもそ食べた。

持ち出し袋の中身。
時雨用は、レトルトフード、粉ミルク、フードボール、お気に入りのおもちゃ、うんち袋、お尻拭き、おしっこシートなど。
人間の分は、チョコやガム、懐中電灯、ラジオ&携帯充電器、水、薬、筆記用具、アドレス帳、ブルーシート、水汲みバッグ、浄水ストローなど。
もう一度見直しをはかろうかな。

例えば、時雨のごはんがレトルトや缶詰だとすごく重いので、2~3日分しか持って行くことができないのだ。
そこで見つけたのがフリーズドライ。戻すと生肉になるし、固形のままでもあげられるというので、すぐに注文しようとしたがメーカー欠品でどこにも売っていない。
あるのはビーフのみ。時雨は牛アレルギーなので食べられない。
入荷次第注文することにして、それまではレトルトを入れておくしかなさそう。

IMGP6045.jpg

実家のラブは靴を持っている(母親がわざわざ世田谷まで来て買った)ので、時雨にもそのうち1足買っておかなくちゃ。


P.S.
ご心配いただきました皆様、どうもありがとうございます。
母親はきのう3日ぶりに家に帰ることができ、我が家も家族ともに何事も無く、無事だったそうです。
まあ、人間の方は問題ないだろうと安心してはいたけれど、なにしろ築30年以上の木造家屋である我が家。前回の地震では震度5強だったんだけど、母曰く「もうダメかと思った」そうで。
今回も震度5と出ていたので、もしかしたら潰れちゃったかも~?
と、すこし心配だった。

ちょうど連休だったので母親は友達と犬連れで泊まりに出かけ、そのまま電車が動かなくなり家に帰れなくなってしまったらしい。
そういうこともあるから、日頃から家族で連絡の取り方を考えておかないとね。

そして、家族の再会を一番喜んでいたのは人間同士ではなく、愛犬だったそうだ。
うちではいつも母にべったりで、外出先でトイレに入ったりと母親の姿が見えなくなるとクンクンなくような甘ったれだというのに、3日ぶりの我が家に狂喜乱舞したらしい。
いちばんの甘やかし要員である父親に会えないのが辛かったんだろうか。
やっぱり犬というのは、家族全員が揃ってこそ安心するようで。群れで生きるいきものなんだなあ。

地震が起こった直後、ニュースを見てすぐに家に電話をして、ようやく繋がったのは夕方になってから。しかも母親の携帯。実家の固定電話には、ほんっとに、ぜんぜん繋がらなかった。
あと、みんなに言っておきたいのは「気が動転すると電話番号を忘れる」ということ。誰もが「自分は大丈夫」と思っているだろう。
でも、想定外の出来事というものをあなどってはいけない。
あの日。
私はすぐに受話器を手に持ち、家に電話をしようとボタンを押したんだけれど、なぜか頭の3ケタ以降が思い出せない。多分10秒後くらいに思い出した。
でも焦ってしまうと押し間違えたりもする。
だんごさんに「固定電話にも番号を記憶させとかないとダメだな」と言われる始末。

知人も言っていた。
夜中に母親が倒れて救急車を呼ぼうとしたんだけれど、一瞬番号が思い出せなかった。やっと電話が繋がったと思ったら、今度は自分の住所(番地)がどうしても思い出せなくて「あれれ?」という感じになって「まずは落ち着いて下さい」と、電話の向こうで言われたそうだ。
なので、どんなに覚えているはずの住所や番号でもアドレス帳に書いておくこと。
番号は携帯に記憶させておけばいいけど、自宅住所は案外盲点かもしれない。

それにしても。
避難所や倒壊した家屋の片付けをしているおばあちゃんたちのことばに、聞き覚えがあるのがとても切ない。
山古志のときはそんなふうに感じなかったから、柏崎って案外うちから近いのかも。距離じゃなくてね。

IMGP5892.jpg

それともうひとつ。
つらい気持ちになるのが、原発関連のこと。
住人側と電力会社側との話し合いでかなり揉めている映像をニュースで見た。
私が中学生の頃、原発が原因のいじめがあった。
あるとき私の隣の席の男の子が、今まで仲良かったはずのクラスの男子から「うるせー原発!」と言われているのを目にした。
隣の席の子はそれについて何の反論もせずにじっとしていたので、最初のうちはいったい何のことか分からなかった。
そんなことがしばらく続いて、いずれ担任の先生に知れることとなり「そんなこと言うもんじゃない」と、クラスの男子はキツく叱られていた。
あとで知ったことだけれど、言われていた方の生徒の親は原発推進派だったそうだ。
幸い、私の住んでいる地区からは少し離れていたので、そういった揉め事とは無縁でいることが出来た。彼らは海沿いの地区の住人だった。

今までずっと昔から、それこそ曾祖父母の時代から、多少のいざこざはあれ、みんながそれなりに仲良くやってきたんだろうに。
外から入ってきたとてつもなく大きなものが、人を、土地を勝手に分断していく。
再びあんなことが起こらないように(特に子供たちには何の関係もないことだし)、どちらの側の大人たちにも、落ち着いて考えて行動してもらいたい。

おまけ。
いっちょまえに枕に頭を乗っけて寝ている実家のラブ。

07-0603-4.jpg

地震にはまったく動じず、揺れがおさまるやいなやグーグー寝ていたそうだ。
変な寝巻きを着せられているのが笑えるが、お泊まりのときはいつも抜け毛防止に寝巻きを持って行くという、いまどきのおばさんのわりにはマナーにうるさい母。
そういえば、昔っから口を酸っぱくして言われていた。
「立つ鳥あとを濁さず」
もうひとつ、よく言われていたのが
「安物買いの銭うしない」
私の場合はどちらかといえばこっち。すでにいっぱい失ってるけど。
もう、恥ずかしくて周りに言えないくらい失ってる。
つい最近もまた、やっちゃったし。

スポンサーサイト

ラブちゃんの寝姿は本当に
人間みたいですねぇー(笑)
枕使っちゃって寝巻き着て可愛いです♪
うちも寝巻き着せてみたいなぁ…

地震があるたびに非難道具用意しよう
と思うのに今だ実行してなくて
うちには手動のラジオ懐中電灯しか
ありません。早速、地震用に準備しようと
また新たに思いなおしました!!
そういえば寝室には靴を置いておいた方が
良いと聞いてなーるほど!と感心
したのですが犬も同じですよね!!
思い立ったらすぐ行動!ってな訳で
病院行きがてら準備しようと思います。
地震って怖いですよね…うちの旦那さん
地震が一番怖いって言っていて
小さな地震でも大騒ぎなんです(苦笑)

2007.07.20 14:51 URL | みぃ #- [ 編集 ]

>みぃ さま
ラブみたいに大きな子だと、人間並みの存在感です。
でも、それにも負けないくらいの存在感がフレンチにはありますけどねー

うちもまだまだ揃えてないものがいっぱいあって
自分たちの食料や水も蓄えて無いくらいです…
でも人間用には、遅くても数日あれば物資が届くようになると思いますけど
わんこ用品や食べ物はかなり難しそうですよね。
靴があれば、外に逃げる時にガラスの破片で肉球を傷つけないで済みそうです。
地震なんて来なきゃいいのにと思っても、そうはいかないんでしょうし…
覚えている今のうちに、私もいろいろ揃えておきます!

でも、私も地震が一番といっていいくらい恐いかもー!
あとは飛行機と雷ですね!

2007.07.21 19:28 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/222-084412a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。