うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1010370.jpg
雨期と乾期のふたつの季節があるバリでは
年に何回あるのか定かではないけれど、必ずやって来るのがこの「大量ハッチ」。
たしか、雨期のはじめの頃だったかなあ。
わたしが懸命に掃いているのがいったい何なのか分かりますか?
実はこれ「カゲロウ」なのです。

ちなみに、写真の手前が室内。
奥にテーブルとイスが見えるけど、バリの宿は通常、外のテラスにくつろぎスペースがある。
宿によっては室内には全くイスが無いようなところもあって
旅行者もみんな、外でごはんを食べたりお茶を飲んだり本を読んだりする。
私たちも、ほとんどベランダで暮らしていたようなものだった。

写りが悪いのは、多分バリで現像したせいだ。
液漏れなのか緑色がかぶっているし、光が入ったみたいで色も浅くなっていた。
P1010369.jpg
そして「ハッチ」。
これは現地で見ると相当な迫力である。
光に向かって多分何千という数のカゲロウが集まってくる。
最初はふわりふわりと数匹が飛んでくるんだけど、しばらくすると
一気に集まってくるから「ハッチだー!」とすぐ分かる。
白いタイルの地面が明るいせいか、床にもバンバン落ちてくる。
目的はもちろん子孫繁栄のため。
P1010372.jpg
実のところ、ハッチの最大の楽しみは「トッケイ入れ食いショー」なのだ。
文章にするとちょっと残酷な表現になってしまうけど
わたしたちはいつもこれを楽しみにしていた。
トッケイというのはバリでの呼び名で、学名は「ゲッコウ」。
http://homepage2.nifty.com/shiro-thipobo/tokaygecko.html

見た目が水玉とかオレンジ色のド派手な爬虫類。性格は凶暴。
しかもものすごく大きな声で『トッケイ』または『ゲッコウ』と啼く。
いったい何度心臓が止まりそうになったことか。

この大量ハッチをトッケイやほかのチビヤモリたちが見逃すわけがない。
あちこちからのそっと出て来ては、パクパクガツガツ食べまくる。
そしてこれを見ながらわたしたちは歓喜の美酒に酔いしれた。
「これぞ食物連鎖だよねー」なんて言いながら。
私が掃いているのは、ほとんど食べられたあとの羽なのだ。
ちゃんと体だけ食べては羽を残しやがる。
普段、数が少ない時は全身食べたりもするけれど
ここまで入れ食いだからか、かなり贅沢な晩餐になっていた。

普段トッケイを目の当たりにすることは滅多にない。
姿は見えないけれど、声を何回聞いたら幸せになれるとか
いろんな言い伝えがある生き物なのだ。
それがわらわら出て来てしかも素早く動く。
また見たい。
あとの掃除が大変だけど。
スポンサーサイト

強烈に思います
1度見てみたいです
すばらしい食物連鎖ですね
目的がハッキリしてて生きるってすごいなぁと思います
まぁ 私たち人間も食物連鎖してますけど(笑)

2007.10.06 16:13 URL | ミミヨ #- [ 編集 ]

>ミミヨ さま
実際、生で見るとかなり興奮しますよ。
日本でも、キレイな川ではスーパーハッチがあるらしくて
魚が水面を跳ねたりするんだとか。
バリではトカゲに食われ、日本では魚に食われ。
昆虫って、儚いように見えて、まっすぐ目的に向かって生きてるし
なんだかすごい生き物ですね。。

2007.10.06 20:50 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

ひょえートッケイって、でっかいんですねぇー!!
私達でいうピザの耳を残すって感じでしょうか…確かに私も沢山のピザが目の前にあったら、耳を残して色んなのを食べたい!!
人もトカゲも考える事は一緒です(笑)

2007.10.08 22:53 URL | みぃ #- [ 編集 ]

>みぃ さま
時々、天井から顔をひょこっと覗かせていて
大きさも存在感もデカイですよー
さすがの私も、カゲロウを食べたことはないですけど(笑)
やっぱり羽より体の方がずっと美味しいんでしょうね~
ピザの例えはすっごく当ってる気がしますー

2007.10.09 17:32 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/258-e9ec2b94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。