うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前にいちどだけ、母親がわたしに言ったことがあった。
「母親失格だよ」。
そこにいたるまでの出来事というのは、ほんとにぜんぜん大したことじゃなくて、「それなら知ってたのに。教えてあげればよかったよ」程度のことなんだけど。P1020015.jpg
そして今回は、わたしが「保護者失格」ということばを噛みしめることになったのだ。しみじみと。あ、もちろん時雨のね。

「ちょっとおかしいな」とか「なんか変だな」とは確かに感じていた。
ただ、朝はいつものように元気よく散歩していたし、日中も普段と変わらない様子だった。

私は夜中までにどうしても仕上げなきゃならない仕事があって、それにかかりっきりになっていた。時雨はちょっと離れたところからこっちをじいっと見ているから、「特別にひざに乗せてあげよう」と、もったいぶって名前を呼んでみた。
しばらくは私のひざですやすや寝ていたんだけど、急にはじけるように飛び出していった。インターホンが鳴ったときみたいに。だけどそんなのはよくあることだったし、私もあまり気にせず仕事を続けていた。

そのうち、クンクンちいさな声で鳴いているのが聞こえた。夜の散歩に行かないことに不満を訴えているのだろう。それならばと、またひざにおいでと呼ぶのに来ない。だんごさんの仕事部屋にトコトコ歩いて行っては足首をぺろんと舐めたりグズグズしている様子だし、かと思えば廊下でひとりで伏せたりしている。
そのうち、ごろんごろんと床で転がっては壁にぶつかり、私をチラッと見る。普段「触ってー」というアピールだったり、拗ねている時にそんな仕草をみせることが多い。やっぱりかまってあげられないからかな。
それでもやらなければいけないことがある。かわいそうだけど、転がる時雨を横目で見ながら机に向かう。もうちょっとだけ待ってよ、仕事が終わるまで。もうちょっと。

その後、スンスン鼻を鳴らしていると思ったとたん、トイレに駆け込んでうんちをした。それはごくごくふつうのうんちだった。片付けながら「あーやっぱりな」と思った。時雨は誰からもかまわれないとうんちをひり出す。そうすれば誰かがお尻を拭いてくれて、シートを交換してくれて、ときには褒めて、触ってもらえることを知っているから。
今日はとくに甘えがひどいな。
時雨のことが気になりつつも、いつもいつも構ってばかりもいられないことを分かって欲しいと放っておいた。

一回目のうんちを皮切りに、堰を切ったようにトイレに駆け込み始めた。その度にうんちが柔らかくなっていき、だんだん水下痢から汁状に、そして血便。最後は便というより「血」になってきた。同時に嘔吐も始まった。
あっという間の出来事で、私は時雨のおしりを拭いて回ったり、絨毯をはがしたり、トイレシートを何度も替えることだけで精一杯。吐いたものや便を片っ端から舐めまくるのをやめさせなければ。またもや大変なことになってしまった。
さて、時計は10時過ぎ。救急病院に行くか、かかりつけにするか?
とりあえず、だんごさんがかかりつけの獣医さんに電話をしてみる。
「それは大変だ。今から15分で病院に行きます!」嬉しい返事をもらい、時雨を毛布でくるんで部屋を飛び出した。先月も診療外の時間に来てもらった先生だ。

診てもらうと、若干の発熱もあった。いろいろと記憶をたどってみるも肝心な原因は分からずじまい。点滴と嘔吐止めなどの注射を3本打ってもらう。時雨はいつもより随分おとなしく、体重も減っていた。けっこう下痢したからなあ。
「明日の夜まで絶食させてください。お水は午後からOKです」。
あ~。また痩せちゃうよ…。

帰り道、治療を施してもらえた安堵感もあって、時雨をだっこしただんごさんと「いま時雨が脱走したら、『ガリガリに痩せています。ごはんをもらえなかったのかもしれません』とか言われちゃうね」なんて、冗談をとばしながら歩いた。

先生に「この子はひとつ治るとまた新たな病気になるね」と言われる。
気をつけているつもりだけど、なにか見落としていることがあったのか。
そもそも具合が悪くてないていたのを、拗ねていると思い込んでいたのが失敗だった。時雨が出しているサインをちゃんと分かってあげないと、信頼感も損なわれちゃう。まさに保護者失格だわね。P1020003.jpg
P1020002.jpg
とはいえ、これも先週のお話。
今はすっかり元気を取り戻し、のんびりした散歩も楽しめるようになって良かった。
スポンサーサイト

時雨ちゃん、また大変でしたね!一体何が原因だったんですか?ともかく、今は、元気みたいで良かったです。犬は、口で言ってくれないから、理解してあげるのが難しいですよね。いつもと違う行動に気が付いてあげないとならなくて。スヌーピーは、毎日、20時間くらい寝ているのですが、病気とかじゃなくて、そういう犬なんです。その代わり、起きている4時間がめちゃくちゃアクティブ。だけど、「普通」の犬と比べると寝てばかりだと、具合が悪いのかな?って思いますよね。1度、ペットホテルに預けた時、寝てばかりのスヌーピーを見て、ペットホテルのオーナーさんが寒いのかと心配して、わざわざ、暖房の目の前で日光が良く当たる部屋に移動してくれたことがありました。

2007.12.19 20:29 URL | Snoopyママ #- [ 編集 ]

>Snoopyママ さま
原因は不明なんですけど、いくつか考えられることは
1.前日にたくさんの犬たちと濃い接触をしたので、菌かウイルスに感染した。
2.飲んだ野菜ジュース(一応たまねぎとぶどうの入っていないもの)が合わなかった。3.単に腹の具合が悪かった。 という感じです。
とにかく、もっとよくチェックしてあげなきゃだめですね。。

そういえば、よく寝るのって、とてもいいことじゃないですか?
よく人の心臓はカメラのシャッターと同じで、耐久回数が決まっているといいます。だから心拍数は普段から少ない方が長生きすると思うんです。
私は、犬もそうだと思うんですよね。
近所の犬たちも、のんびりまったりした性格のコが長生きしてますよ。
でも、20時間はすごいですね~。
たぶん、その起きてる4時間がすごーく充実してるんですよ!

2007.12.19 21:53 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/284-d132cf53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。