うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1020305.jpg
 最近サロンのおねえさんによく言われるようになった。
「時雨ちゃんは、前みたいにみんなと遊んだり騒いだりすることが少なくなって、ときどきひとりでまったりしています」

 どうやら、おねえさんが名前を呼んだときだけはテンションが上がるけど、ずっと元気に走っているという感じではないみたい。わりと最近までは、とにかくハイテンションでほかの犬たちと大騒ぎしたり、ケンカしたり。独占したいおねえさんに他の子が寄ってくると「ガウ」と一喝したりもしていたらしい。

 そういえば、昔読んだフレンチブルドッグ特集の本に「ほかの犬を突き飛ばしてでも、自分だけを可愛がって欲しいという『個体』もいます」なんて書いてあったっけ。それそれ。うちこそが、その『個体』だよ、なんて思ったなあ。
ただ、元気が無いとか具合が悪そう、というわけでもないらしい。
普段の散歩では相変わらず元気いっぱいリードを引っ張って、得意そうに歩いているし、走る子供や自転車を見ては、追いかけて並走したがる。

 最初は「もしかして分離不安気味なのかなあ」なんて思いも頭をよぎった。預けられるのが嫌なのかな、と。
だけど、もしかしたら、ただ単にオトナになっちゃっただけなんじゃないかとも思うのだ。
だって時雨ももう3歳半。バカ騒ぎしてはぐったり、なんていう時期は、いつの間にか過ぎてしまったのかもしれない。日中はひとりでまったり寝ていたい日だってあるだろう。ふだんの散歩でも、好きな犬さんたちとはからんだりもするけれど、以前に比べて随分落ち着いた。人に対しても。
 これからはゆっくりペースで散歩が出来るようになるといいなあ。P1020297.jpg
 だけどね時雨。おねえさんたちはちょっぴり寂しいみたいよ。いつも元気な時雨でいてほしいんだってさ。
 そういえば、おねえさんたちは揃って「時雨ちゃん」ではなく「時雨さん」と呼ぶ。やっぱり強気な姉御タイプなのには変わりがないみたい。
スポンサーサイト
2008.03.07 02:17 | 時雨のこと | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/313-6738e28d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。