うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1020562.jpg
 いよいよ公園の桜が満開になった。
 去年まではもっと、空の青が見えないくらい一面の桜だった。冬のあいだにかなりの数の幹が間引きされていた。バタバタと伐採されていくのを散歩途中に見ていたんだけれど、これも将来を見越してのことみたい。土地の広さのわりに幹数が多すぎると、すべてに栄養が行き渡らずに枯れてしまうことがあるという。
P1020565.jpgP1020564.jpg
 日中は汗ばむくらいだから、用心しながら日陰を探す。途中で新しい缶コーヒーを発見。「木陰」か。このナイスネーミングにつられて買ってみた。肝心の木陰は、すでに花見のお母さんと子供たちでほんの少しの隙間も無いくらいに埋め尽くされていた。仕方なく私たちは、まったく桜の見えないコンクリートな場所で、缶コーヒー「木陰」と、めんたいこおにぎりをひとつづつ頬張った。
 ふと隣りを見れば、作業服のおじさんが両足をでーんと投げ出して、呆けた表情でお弁当を食べている。なんだかふやけて幸せそうだ。そのまた隣りでは、やけにベタベタといちゃつくカップル。みんな、あの健全で明るすぎる昼間の花見の宴からはじかれて来たのかな。
 そして常に主役であり脇役である時雨さん。奇声をあげながら走りゆく子供たちを見ては、我を忘れて騒ぎだすもんだからもう大変。落ち着いて食べていられない。だからこそ「おにぎり」にしたんだけどね。
P1020566.jpg
 とりあえず、こっちに集中させるために、持ってきたおやつをスタンバイ。
 これは「さつまいも」待ち、期待度100%の時雨さん。
P1020569.jpg
 しかし、さっさと食べては子供を見て…の繰り返し。
 やっぱり昼間は無理みたい。とはいえ、夜型である私たちの花見の本番は夜桜。明日はお弁当を持って行ってビールをガンガン飲むよ。多分、散るまで。これからまいにち。酔っぱらいの方々、どうか時雨を触ってくださいな。時雨はこの時期、とにかくそれが楽しみで毎日散歩しているようなものなのです。
スポンサーサイト
2008.03.28 23:24 | 時雨のこと | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/323-4d454059

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。