うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ずいぶん前から思っていたことだけど、どうも私は他の人に比べて危機管理意識が高い。今までは、とくにその意味や理由を考えたこともなかった。
 
 だけどあるときたまたま買った雑誌を読んでいて、すこし腑に落ちた。そこには特集記事で、過去に起こった凶悪犯罪などをいくつか検証してあったのだが、その記事中、ふたつが私の身近で起こったものだった。ちょっと驚きはしたけれど、自分がそういう環境にいたことは事実。もっとも、昔から私のまわりにはいろいろ驚くようなことが多かった。

 当時、こんなに身近で人が殺されているにもかかわらず、こうやって、ラーメン屋でチャーシュー麺を頼んでバクバク食べている私は気が狂っているのか? なんて思う暇もなく。日々、忙しい忙しいばかりで、頭にあるのはつねに仕事のことばかり。周りでいろんなことが起こっても、だんだんと神経が麻痺してくる。怖いと思うのは一瞬で。だけど、「気をつけなくちゃ」という危機管理意識ばかりが知らず知らずのうち、埃のように積み重なってしまったのだろう。
 その雑誌をたまたま手に取って読むまでは、そんな事件もすっかり忘れ去っていた。だけど、「忘れる」というのも、生きていくのに必要なこと。
 それからもうひとつ。もしもなにか嫌な出来事が起こったとしても、ちゃんとごはんをつくって食べたり、晴れた日に洗濯をしてベランダに干したり、クッションを陽に当てて叩いたり、掃除機をかけたり。そんなふうに、普通の日々を過ごすことができれば、あるいはできるようになれば大丈夫。日常生活を営むというのは、簡単なようでいて実はとてもたいせつ。

 今までなんとか気が狂わなくて済んだのも、昔の嫌なことはほとんど忘れちゃっているというのと、案外普通に生活してきたからかもしれない。もっとも、この先私がずっと気が狂わないという保証はどこにもないのですが。
 まあ、毎日を普通に生きていければ、ね。
 そして今後は「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」(by森達也)と、思えるようになれるといいなあ。なりたいなあ。
スポンサーサイト
2008.04.05 23:35 | どこにも属さないお話 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/325-b97fb8ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。