うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1020787.jpg
猶わが生活楽にならざり
ぢつと手を見る
       「石川啄木*一握りの砂」より
 
 ってわけじゃないのよ。
 たしかに「ぢつ」と見ているような気がしないでもないけれど。
 
 ここ最近、時雨がうちに来てからではいちばん皮膚状態が悪い。正直、全身くまなくぶつぶつだらけ。毛も抜けまくりで生まれたてのヒナみたいになってます。ぶつぶつが無いのは顔と四肢くらい。だから気が付くと手のひらばかり舐めている。
P1020791.jpg
 薬を飲んだり、殺菌シャンプーでこまめに洗ってもダメ。酷くなる一方で。獣医さんに聞いたら、もはやシャンプー剤に対して耐性ができてしまって、弱い殺菌力のじゃ効果がないのかもしれませんね、と言われた。
 今日は新しいシャンプーを処方された。かなりの脱脂力らしいので、リンスが必要なくらいのやつ。
 
 ただ、悪いしらせばかりではありません。体重を量ったら9.94Kg。約1Kgの増量だ。獣医さんも時雨を見た瞬間「おっっ」と言ったくらい。今はようやく「ややぽっちゃり」となった。

 とにかく、はやくよくなれ。
P1020789.jpg
 ちなみに。
 わたしはこっちの歌のほうが好きかな、啄木。
 
やはらかに柳あをめる
北上の岸辺目に見ゆ
泣けとごとくに
        「同上」
スポンサーサイト
2008.06.18 00:37 | 時雨の病気 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/349-712439b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。