うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 終わってみればかなり実りの多いだった。私自身はとにかく疲労困ぱいではあったけれど。
 いままで知らなかった多くのことに気付かされたし、勉強にもなった。その分私の中では反省点もかなりある。なにしろ今回は総勢83人と盲導犬30頭という大所帯。いつも自由に旅をしている私にとって、団体旅行は慣れない思いの連続だった。
普段は午前3時頃に就寝している生活なのに、連日4時起き。寝不足で思うように動けなかったり、テンションが上がらなかったりした。
 けれど、旅行社の方々や現地のボランティア・ガイドさん、その他大勢のひと達のおかげで全員、全頭が無事に旅を終えることができた。検疫はとてもスムーズに運んだし、あらゆる場所に盲導犬が同伴できた。台湾の観光局や、歓迎してくれたたくさんの人々にも感謝します。
 
 詳しい旅の様子は仕事がひと息ついたらアップする予定。来月になるかなあ。
 とりあえずは簡単に初日の模様だけ。
 
P1030405.jpg
 飛行機はチャイナエアライン。一席分取ってあったおかげで、エコノミーとはいえ、犬たちは足もとでゆったり眠っていけた。何度か様子を見ると、かなり熟睡している様子で触っても無反応。飛行機嫌いの私の方が落ち着かなかったかもしれない。
P1030432.jpg
 ホテルは「圓山大飯店」。
P1030677.jpgP1030421.jpg
 丘の上に立つ宮殿風のホテル。建物は古さを感じさせるけれど、そこがかえって趣がある。ロビーは赤が基調で華やかな雰囲気。国賓のもてなしに利用されるような老舗ホテルだという。そして鍵がまた重厚なのだ。こすれ合うとまるで、手のひらの上で鈴のようにきれいな音がした。
P1030670.jpg
 入った瞬間、あまりの広さと天井の高さにびっくり。かけっこができるくらいだったので、オフタイムの犬と2往復ぐらい走ってあそんだ。
P1030416.jpg
 渡航前にネットで調べていたよりも台湾はずっと涼しくて、涼しいと言うよりもむしろ寒かった。ゴアテックスの上着を着てちょうどいいくらい。もちろんホテルの室内も寒かった(これはクーラーが効きすぎているため)。右下に移っている家電は、最初ヒーターなのかと思って見てみると、乾燥機だった。仕方がないので、部屋の中でもずっと厚着で過ごしていました。
P1030671.jpg
 奥までつづくベランダも広いし、赤が際立っていてきれい。
P1030420.jpg
 こちらはホテルの玄関を出たところの眺望。
 

 そしてそして。今回特筆すべきはメディア取材。まず、飛行機を降りて到着ゲートの自動ドアが開いたとたん、目の前にはテレビクルーやカメラを抱えた新聞記者が待っていた。日本からも記者が同行していました。
 この模様は台湾でも4大紙すべてに掲載されたというし、かなり関心を持たれていたようだ。取材のおかげか、街中で「テレビ観ました」と、日本語で話しかけてきたおじいさんがいたり、触ろうとした友達らしき子に「もうどうけん」と、やはり日本語でやめるように言う女の子がいたり。それと、入国審査待ちのときには空港職員さんたちが携帯で写真を撮っている姿が印象的だった。機内でもCAさんに「写真撮ってもいいですか」と言われたり、盲導犬たちは行く先々でかなり人目をひき、人気ものだった。
P1030406.jpg
 撮影中のカメラマンの後ろにまわって、私も激写。
P1030699.jpg
 そして翌日の新聞には
P1030703.jpg
 盲導犬ユーザーではない私までが写っていました。右から3人目の黒い上着に青いショルダーをかけているのがワタクシ。しかも半目。だけど、よい記念になりました。
スポンサーサイト
2008.11.23 17:31 | 緑ツナガレ オーガニックライフ | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。