うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1030714.jpg
 どうもしばらく前から外での反応が鈍いと思っていた。もちろん、時雨の話。
信号待ちでの「おすわり」や「マテ」。何度も言うか首輪をちょんと引っ張らないと座らない。ごはんを食べる前に出すコマンドの「オッケー」だって、声を大にしたり手で示さないと食べ始めない。
寝ている時雨に声をかけてもなかなか起きてこない。入っちゃいけないと言っている台所にこっそり侵入しているところを背後から「コラ~」って叱っても出てこない。まったく無視している(今までは一喝すると、「ひゃ~~ヤバいヤバい」って感じですぐに出てきたのに)。
 極めつけは、今までほぼ100%の確率で一声吠えていた玄関チャイムの音。立ち上がって走り出したりはするものの、吠えない。
 
 よくよく考えてみればさまざまな手がかりがあったのに、それぞれを結びつけて考えていなかった。チャイムの件なんて、「吠えなくていい子だね~~」なんて褒めていたんだから。
 コマンドの反応が鈍くなったことについては、さいきん甘やかしているからまたしつけをしっかりやり直さないとダメかな、なんて思っていた。なかなか起きてこないのは、部屋が暖かいから眠くて起きられないんだろうと思っていた。
おかしいな、おかしいなと感じてはいたのに。もつれ合ったすべての糸が重なり合ったのは結局、しばらくたってからのこと。

「もしかして、耳が聞こえてない?」と気付いてすぐ病院へ行った。いろいろ調べてもらった結果、聞こえていないだろうということと、原因も判明。
なんてことはない「耳あか」だってさ。油っぽい耳あかが鼓膜にびっちり張り付いていて、というか、鼓膜がほとんど見えないくらいらしい。右耳だけなんだけれど。
 1日2回、生理食塩水をスポイトで垂らして耳を洗浄している。おかげですこしづつ耳あかは取れていっているみたい。だけどこれが時雨にとっては地獄の苦しみらしく、風呂場から何度も逃走を図ったり、逆に出てこなかったりでちょっと可哀想。だけど心を鬼にしてやっているよ。ま、私だって身体をがっちり押さえ込まれて、耳に水を入れられて、おまけにくちゅくちゅ揉まれたら、そりゃあ泣きますわ。
P1030717.jpg
 救いは、いくらイヤなことをされても私のことを嫌いにらないってこと。
いいね、犬は。飼い主には何をされてもじっと耐える。可哀想だけどかわいい。
それにしても、ふと気が付けば耳を洗うのは私、爪を切るのも私、シャンプーするのも私。かなりの嫌われ役じゃないか。
だんなさんはいつも、おやつをあげたり散歩したり、ごはんを運んだり。
 かなりの愛され役じゃん!
 ちょっと不公平な気もするけれど、どういうわけだか寝るときは私のそばにしか来ないし、サロンに預けてお迎えに行ったときに、まっしぐらに飛んでくるのは私のところ。なんだかんだいっても私のことがいちばん好きなんだわ、と思うしかない、よね。

 
スポンサーサイト
2009.02.26 09:50 | 時雨の病気 | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/401-bc7601cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。