うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「心と身体はつながっている」と昔からよく言われている。若い頃はあまり実感することがなかったけれど、最近ふと、そしてしみじみ実感することがある。
P1030616.jpg
 もしもあなたが武術に詳しい人ならば、きっと内田樹さんのことを知っているだろう。もちろん、彼の作品(著作)には武術以外のネタも多いが、内田さん曰く「大学教授が武術をやっているのではなく、武術家が大学教授になった」そうだから、武術に関する文章がやっぱり面白い。
 読み進むたびに「そうそう」とか「うんうん」とか、思わず大きく頷きたくなってくる。なんだか一気に雨が上がったって感じることも。
 合気道についての「もろもろ」が書いてあるのに、なぜかそれがバリ舞踊にもピッタリ当てはまる。それどころか、普段生きていくうえでの「もろもろ」に対する「もろもろ」にまでジャストミートなのだ。なんだこれは? と思っていたら、彼の著作である「私の身体は頭がいい」に、こんなことが書いてあった。
『この世界を構成しているものは、最小のものから最大のものまでが同一の構造法則で貫かれている。だから正しい技法と正しい生き方が同じなのはあたりまえ』だと。
 
 そっか、だから正しい食事は正しい生き方にもつながるのだな。てことは、だ。あらゆる事象に私が求めているものの答えとかヒントだとかが散りばめられているってわけだよね。たしかに、こどものしつけと犬のそれは驚くほど似ていると言うひとは大勢いる。荒れ果てて手入れのされていない山にも、ダイヤモンドが眠っているってことなのか。
 果たして、私がそれほど敏感な感覚の持ち主かどうかだよね。大切なことに気付かない可能性のほうが高い気がするんだけれど。
 

スポンサーサイト
2009.06.16 23:21 | 本とか作家とか仕事とか | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/413-6d518a37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。