うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 5日の土曜日、友だちに誘われて料理教室に行ってきた。誰かに料理を習うのは、小学校の調理実習をのぞけば私の人生初の試み。
 
 場所は中野にある築100年あまりの古民家。住宅街にあるため、私たちは迷いに迷い、途中、新聞配達所で地図を見てもらったりしながらようやくたどり着いた。東中野から40分くらいかかってしまったけれど、本当なら、落合駅から15~20分くらいで行けると思う。
 ホームページで事前にチェックしていたが、実際に入ったお宅は想像以上。小津映画や寺内貫太郎一家に出てくるような居間と庭と縁側があって、敷石には蚊取り線香。引き戸には猫が通り抜けられる扉が備え付けられていて、目の前を砂の色をした猫が優雅に行ったり来たり……。すごい。なんだか夢を見ているみたい。こんな家に住んでみたい。
 かなり蒸し暑い日だった。けれど、夕方になると庭からは涼しい風が吹いてきて、あたりはものすごく静か。今いるこの場所が東京だと思えないくらい、東南アジアのリゾート地にいるような、だけど、日本家屋だからタイムスリップしているような、なんとも不思議な気持ちになれた。できれば「今日はここに泊まりたい!」と思ったくらいだった。
 
 で、肝心の料理の内容はというと。
 まずは「ニンジンとズッキーニのスープ」 
P1040103.jpg

 メインの「ナスのタルトタタン」
P1040109.jpg
 つけあわせはかぼちゃとインゲンのサラダ。

P1040110.jpg
 でき上がると、こんなふうに3人でお食事&おしゃべりタイム。テーブルコーディネートもオシャレでしょ。だけど実はちゃぶ台なので、座布団に座ってフォークとナイフで食べてます。

 デザートは「いちじくのガトー」
P1040112.jpg
 先生であるvalerie(ヴァレリー)はお肉を食べないので、動物性食品をほぼ使わない野菜たっぷりのメニュー。今回も、デザートに生クリームを50cc使っただけ。「嫌なら豆乳で代用して」と言っていた。ゼラチンの代わりに葛を使うなど、へ~って思うことも。レシピもシンプルだから、家でも作れそうなものばかり。しかも、味付けはオリーブオイルとにんにくと塩、あとは数種のスパイス。デザートは精白されていないてん菜糖といたってシンプル。なのに美味しい! そしてお腹いっぱい。
 素材が美味しければ、これだけでいいんだとあらためて実感。最近の私は、味付けに色んなものを加え過ぎていたかもしれないな。
 
 私はvalerieとは初対面だったのだけれど、とっても気さくで話しやすい。ちょっと年上のお姉さんって感じ。「料理の先生」という堅苦しい雰囲気は少しもなく、共通の知り合いがいるのでそんな話も交えつつ、楽しい時間を過ごしました。
P1040122.jpg
 フランス語で書かれたレシピをvalerieについて音読したりと、ちょっとしたフランス語のレッスンも。一緒に行った友だちはフランス語学校で勉強中なのでいいとしても、私は人生初のフランス語。
 もちろん、valerieは日本語がかなり堪能なので料理のレッスンはほぼ日本語だけどね。
 美味しいし楽しかったので、友だちと「数ヶ月に一度は行こう」と決めました。
P1040101.jpg
 最後に。
 途中で見つけた珍百景「薄~い不動産屋」
 なのに、名前はでっかく広く「大地」ときたよ。

スポンサーサイト
2009.09.08 19:26 | 自分ごはん | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/423-a89d94ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。