うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 月日が経つのは早いもので。気が付けばもう1月もなかばを過ぎている。
 毎日を順調に生きているはずなのに、どうしてこうも時間に追い越されてばかりなのだろう。
 今さらお正月の話もなんだけど、覚え書きとして(おせちバージョン)を書いておくことにします。なにしろ忘れっぽいので。
 
 12月中に体調を崩してしまい、検査したり結果を聞きに行ったりと慌ただしい年末だった。おせちを作ろうかどうしようか、ギリギリまで迷って、食材の買い出しに腰を上げたのは30日の午後になってから。
 これが今回の敗因につながることをその場で思い知ったのだった。
 
 本来おせち作りは毎年クリスマス後、すぐにはじめなければいけない。28日頃から正月用のものに代わってしまい、ふだんは298円くらいの伊達巻きやかまぼこが1500円とか2000円と高額になるのだ。同じく、有頭エビや薄切り牛肉なども早めに買って冷凍する。
 出遅れた感バリバリ。でも、「おせちを作る」と決めたからには後には引けない。
 エビは近所をまわったが、最安値で一尾300円。牛肉は高価な黒毛和牛しか売っていない。しかたなく購入。半分やけっぱち。
 
 そんな苦労の末にでき上がったおせちがこちら。ちなみにかまぼこ、黒豆、伊達巻きは買ったもの。
P1040381.jpg

 左のお重から。
P1040384.jpg
 お煮しめ、なすと里芋の味噌炒め、たこのトマト煮、鶏胸肉と菜の花・パプリカのマリネ、柿の生ハム乗せ。
 あ、そうだ。ここにも敗因が。当初は柿ではなく洋梨かメロンにしようと思ってスーパーに行ったら、激高だったので、安い柿に急遽変更。しかしこれが、意外とマッチ。ワインのおつまみにも、料理のお口直しにもよかった。
 
 中央のお重。
P1040385.jpg
 ごまめ、栗きんとん、昆布巻き、かまぼこ、黒豆、伊達巻き、牛肉八幡巻き、エビのうま煮、たたきごぼう。
 ごまめはクルミとアーモンドを入れてメープルシロップのみで味付け。スナック感覚の甘さが美味しい。栗きんとんは、さつま芋をメープルシロップと水で練ったものに、無添加の天津甘栗を混ぜてみた。
 昆布巻きは、去年までは塩鮭を塩抜きしてから煮たものを巻いていたんだけど、今回は高野豆腐といんげん、にんじんで。
 
 右のお重。
P1040387.jpg
 白身魚の塩焼き、ロスとビーフ、大根とからすみ、ベジつくね、モッツァレラチーズのキムチ乗せ、松風焼きもどき。
 ここで特筆すべきは、右上のローストビーフ。友人のM美ちゃんおススメで、グッチ裕三のレシピをもとにはじめて作ってみた。これがほんとうに美味しかった!
 下に見える白いものとオレンジのものがモッツァレラチーズのキムチ乗せ。豆腐と合わせるのが定番だけど、私はこちらもお気に入り。
 串に刺してあるつくね状のもの。実は、大豆ミートとオートミール、レンコンのすりおろし等で作った植物性のつくね。淡白な味で、塩少々しか入れてないので、時雨もバクバク食べていた。
 もうひとつ。鶏の松風焼き状のものもやはり鶏ではなく高野豆腐。葛粉をまぶして焼いてから煮たものに白ごまと青のりをふりかけた。
 
 そして、1月3日ともなるともうこれしか残っていない。
P1040392.jpg

 今年は「お肉もどき」を多用して、動物性たんぱくを摂りすぎないように注意してみた。昼からけっこうお酒を飲むし、肝臓や腎臓を疲れさせて、お正月早々また体調を崩したら困るし……。
 そのせいか、特に体調の変化も無く。と言いたいところだけど、この記事をなかなかアップできなかったのも、昨日まで風邪で寝込んでいたからだったりする。
 
 出遅れたおかげで、元手がかかりすぎてしまった今回のおせちづくり。
 来年はもっと安く仕上げてやるぞ。
スポンサーサイト
2010.01.17 22:31 | 自分ごはん | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。