うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
06727d.jpg

酷暑期である4月のバンコクで
ゲストハウスの蒸し風呂地獄にあえぎまくっていた私たち。
限界ギリギリの暑さに都会を逃げ出しリゾートしたくなったので
コサムイ(*サムイ島)へ行くことに決めた。
さっそく旅行代理店でジョイントチケット(バス&フェリー)を購入。
夕方発なのでフロントと交渉し、その日の宿代の半額を支払い
17時30分にチェックアウト。

やって来たのは2階建ての真っ赤なVIPバス。
エアコンはもちろん、立派な広いトイレと洗面台まで付いている。
今までにない最高の環境に「これがリゾートバスってもんだよなぁ…」
と、すっかり有頂天なふたり。
いつも移動時の飲食は極力避けていたが、今回は何といってもトイレ付き~。
ちょっと寒いくらいの快適なバスの旅は順調に進み、8時30分には港へ到着。
フェリーに乗って、やっと念願のリゾート、コサムイへ! 
およそ15時間の旅だった。

DSCN0455.jpg
▲欧米人バックパッカーは皆ゴキゲンで、外に出て海を見つめていたが
疲れていた私たちはこの後座席で爆睡。


まずは港からソンテウ(乗り合いバス)に乗り、いちばん賑やかな
《チャウエンビーチ》へ行って宿探しをするが、どこも高いコテージばかり。
周りは欧米人の家族連れが多くて、バックパッカーの姿はあまり見かけない。
それでもなんとか1800円程のホテルを探しあてることが出来た。
しかしこの値段は、長期旅行者には高すぎる。
最低2泊はしろというので、3日目にまた出直しか…。

06727b.jpg

その時、フェリーの中で声をかけられたおじさんから
ホテルの名刺をもらっていたことを思い出し、とりあえず電話をしてみた。
部屋は空いているというので、今いる所とは違うビーチだったが移動することに…。

翌日迎えに来たトラックに乗って、岩だらけの道をガタガタ揺られながら
たどり着いた《メナンビーチ》。
しかし…着いてびっくり!
周囲に商店らしきものは何ひとつなく、観光客の姿も見当たらない。
しかも、波がかなり荒いし海水も茶色がかっていて汚い。

エメラルドグリーンの海と白い砂浜でリゾート

を夢に見ていた私たちの高まる動悸は、もう、一気に失速。
それでも一応と、入り江まで歩いてみると少しは透明度も出てきたが
どう見ても泳げるような海じゃない。
だって海底が見えないしー! 深すぎるしーーー!
しつこいようだが

遠浅で白い砂浜で…

という私たちが思い描いていたビーチリゾートにはほど遠い…。
砂浜というより、石浜というか岩浜。
海底をのぞき込んでみれば、沖の方までずーっと石。
座れば痛いし、浜に寝ころぶだけで全身足ツボマッサージ状態で激痛。

もちろん海にいるのは私とだんごさんの2人だけ。
「なんじゃここはーーー?」 
「買物はどうすればいいんだーーーー?」
海に向かって叫ぶとすれば最高の環境には違いないが…。

DSCN0466.jpg  DSCN0467.jpg
▲ホテルの周辺だけはキレイに整備されている。しかし目の前は軽い崖というか、ビーチとはいえない海。

宿自体は2Bed でかなり広いし、室内も奇麗で1200円程と申し分ない。
しかし、海岸に座ることすら出来ない海に幻滅してしまった私たちは
チャウエンビーチに戻ることを即決。
1泊しただけで、またとんぼ返りとなってしまった。

緊急の用事ができたので
    ここを出なければならなくなった


そう口からでまかせの嘘をつくと
急に仏頂面になった宿のおばさんに、グチグチ嫌みを言われた。
しかしそんなことはどうだっていい。
ここで我慢して
ただただ泳げもしない海を見つめていたってどうにもならないのだ。

再びトラックを呼んでもらって、翌日そそくさと逃げるように乗り込む。

車を降りた所でたまたま目に付いた高そうなホテル。
一応念のため…値段を聞くと、1200円の部屋が空いているという。
独立したコテージで、ちょっと狭いけれど雰囲気が気に入って即決定。
ようやく落ち着いた気持ちで荷物をひも解くことができた。

06727c.jpg

このビーチにいる魚は餌付けがされているので
海中で手のひらをかざせばあっという間に何十匹も寄ってくる。
そして、砂浜に寝ころびながら
チョコレートアイスや焼きとうもろこしをほおばりながら
この日の為にとバンコクの古本屋で手に入れた横溝正史の小説を読みふけり
貧乏旅行の中でのオアシスのような
最高に幸せな1週間はあっという間に過ぎてしまった。
しかしもうこれ以上の長居は無用。
ホテルだけでなく、すべてにおいて物価が高すぎる。

そしてこのあとペナンへと向かう道で、史上最悪ともいえる悲惨な目に合うことを
この時点での私たちははまだ知るよしもなかった・・・。

06727a.jpg
▲だんごさんが「おだんご」ではなく丸坊主なのは
私のご機嫌を損ねたお詫びのしるしに頭を丸めたから!?。
スポンサーサイト

ふぁぁぁぁ~~~~~~っ


暑くて暑くてたまらないが、キレイな海のそばに

今すぐ飛んで行きたいねぇ。

ダンゴさん、腹ほそっ!!!(笑)

2006.07.28 11:19 URL | イカ69 #- [ 編集 ]

>イカ69 さま
最近どうも、中途半端な都市に住んでいるせいか
自然のあるところに行きたくてしょうがないんですよね~!

だんごさんもこの頃は痩せてたけど、今はプラス10キロって感じです。
毎食後に必ずアイス食べて、寝る前にも必ず何か食べてますから…。
(ちなみに私もですけど)

2006.07.28 14:05 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/46-2fc23642

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。