うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1020772.jpg
 足の匂いをかいでいるのではなく
P1020774.jpg
 大口あけて、足を食っているんですね。

 本当のところ、「足を舐めている」が正しい。

 眠いとき、あるいは眠りから覚めたとき。時雨はかならず周囲にある「なにか」を舐めることにしている(ようだ)。
 それが私かダンナさんの皮膚(たいていは、足か腕)であれば申し分はなく、長袖長ズボン、毛布に隠れて出ていないようなときは、しかたなく自分の前脚を舐めたりもする。
 あと、お風呂からあがったときも必ず飛んできて肌を舐める。ダンナさんが半ケツになっているようなときも、うしろからそっと近づいて腰を舐めている。これは自分の匂い付けなのかな?
スポンサーサイト
2010.07.05 19:24 | 時雨のこと | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。