うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
DSCN0486.jpg

一年中暑い国というのは、たいていの刺激には
慣れてしまうものなのだろうか。
それとも単なる国民性なのか?
マレーシアで映画館の広告を見ると、有名なハリウッド映画
などに混じって、必ずホラーやスプラッタムービーが上映されている。

私たちも一度、素晴らしく最新設備の整った映画館で
シリアルキラー映画を鑑賞したことがあった。

B級の殺人鬼映画だったが、グロテスクな場面も多々あり、
血しぶきが飛び散る凄惨な場面になった時
私は思わず目をつむってしまった。

するとその時、前列斜め左側から
「ケタケタケタ!」
「キャーッハッハー!!!」
目の前の画面以上に凄まじい笑い声が響き渡った。

びっくりした私が、暗い中、
目を凝らしてよくよく見てみると、10代後半~20代前半の
インド人の女の子数人が発している声だった。
それはもう、腹を抱えて、涙を流さんばかりに大笑い。
というよりばか笑い。
隣同士で向かい合ってバシバシ肩を叩き合い
身をのけ反らせながら笑っていた。

これを〈ツボが違う〉というひと言で片づけてしまってよいのかどうか…。

私は映画よりもそっちの方がずっと怖かったよ。
スポンサーサイト

ひえーどの辺が大笑いのツボだったのでしょうか(笑)
恐るべし未知の国インド!
今度笑えるか見てみようかなぁ…
いや、やっぱり無理かなぁ…

2006.08.24 15:09 URL | みぃ #- [ 編集 ]

>みぃ さま
インドの映画(ドラマ)をいくつか見たら
血ィダラダラ~な場面が多かったんですよ。
というより、だいたいが敵討ちとか、悪玉警官と闘う!
みたいな話が多くて結構イケイケ。
スプラッタ=笑い、娯楽っていう図式みたいだし…。

2006.08.24 16:56 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/60-5b2c1a64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。