うしろすがたのしぐれてゆくか

愛するフレンチブルドッグと昨日と今日と明日と旅と。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP1774.jpg

作家の見沢知廉氏が亡くなって、今日でもう1年。
私はすこし遅れてその事実と死因を知ったが
「あのお母さんを残してなんで? どうして?」
という思いでいっぱいだった。
彼の著作のひとつに〈母と息子の囚人狂時代〉がある。
これは以前「獄の息子は発狂寸前」というタイトルの単行本
として出版されていたが、これではやはりまずいのか
新潮社で文庫化するにあたって改題されている。

単行本で一度読んだが、バンコクの古本屋で偶然見つけて読み返してみて
やはり、この母はスゴイ人だとあらためて思った。

リリーさんの“オカン”もスゴイが
見沢さんの“お母さん”もかなりの人物。

ある日突然殺人犯の母親になり
いろいろと迷いながらも、獄中の息子を諭し
なおかつ息子が小説家になるために
手紙にびっちり書かれた文字をすべて清書したり
資料をあちこち駆けずり回って集めてきたり
せっかく決まった仕事も“殺人犯”の母親ということが
周りに知られ、辞めざるをえなくなってしまったり…。

IMGP2418.jpgIMGP2417.jpg

被害者とその遺族にとってはもちろん、そんなの知ったこっちゃないわけだが
加害者の親族の苦悩というものを、少しだけ知ることが出来た。

とにかくただ、母としてスゴイのひと言に尽きる。
母親と息子の結びつきというのは、娘とはまた別のものなんだ・・・。

そういえば、以前週刊文春に〈家の履歴書〉というコーナーがあり
ゲストが子供の頃や売れない時代に住んでいた
部屋の間取りと、その頃の想い出を語るという内容で
時々しか買わないのに、この記事が好きだった。

一時なくなってしまったが、最近また〈新・家の履歴書〉として復活している。

そのコーナーに、東京タワーが上梓されるいくらか前の
リリー・フランキーも出ていた。そこには
「オカンがガンになったので、九州から東京に呼んだ」
「でも、もう東京はいいかな…って思ったりする」
とあったから、やっぱりその時オカンはまだ生きていたんだと思う。
わたしには「もう東京は…」のくだりがかなり印象に残った。

IMGP2416.jpgIMGP2227.jpg

ほかにもこのコーナーにはビックリさせられる記事が多くて
とある年配の脚本家の時は
「家が火事になった時、親父は真っ先に家を飛び出して逃げた」
「自分がお袋をおぶって外へ出て、先に逃げた親父と目が合った時に
親父はプイッと目をそらした」
「あれから親父のことが信じられなくなった」
なんていう記述もあった。

某アニメ映画監督が
「犬さえいればいい。地方に家を買ったのも全て犬のため。
犬が幸せだったらそれでいい」
と言っていたのも覚えている。

たいてい〈昔は苦労して今やビッグネーム〉という人が多いけれど、
家についての記憶や、それに付随した話というのが
よくある対談やインタビュー記事よりもずっと、その人の
内面のとっても深いところまでさらけ出されていたり
何故か厭世的な発言が多かったり、と
家にまつわることというのはその人の人生そのものなのかな
と考えさせられる。

私はといえば・・・
自分が生まれてからしばらく住んでいた、とある島のボロボロの借家の前で
人形を抱いて立っている写真がある。
小さな頃だからほとんど記憶は無いけれど
「両親はここから引っ越して、ちゃんと一戸建てを建てたんだなぁ…」
と不思議な気持ちになる。

でも、私自身将来は古い日本家屋に住みたい派。
もちろん犬連れ、ヤモリ連れで。

IMGP2638.jpg

そして今日の時雨さん。
霧雨のために誰もいない広場で思いっきり遊んだ。
しかしその後“やまたいかーちゃん&とーちゃん”に偶然会って
飛び付きまくって大興奮!
なかなか濃ゆい散歩を楽しみました。
スポンサーサイト

大河の訓練は、ビビリ症を治し、コマンドをきちんときかせるため!
凄く近くていい感じのお姉さんだし、安い!
これなら続けられる!
高いと長くは無理だもん。
一応半年を目安にやるつもり!

2006.09.08 20:22 URL | やまたいかーちゃん #- [ 編集 ]

>やまたいかーちゃん さま
なるほど、うちとは正反対ですね~。
でも、ビビリは慣れだから、きっと半年後には随分変わってそう!
しかも、近いっていいですね~。仲良くなれるし。
私達も女の人に頼んだつもりだったんだけど、なぜか男だったな…。

2006.09.08 21:42 URL | チタリニ #- [ 編集 ]

昨日の朝はどうもでした~。
時雨ちゃん元気そうで安心しました。
もう少し涼しくなったら土手で遊びませんか?ビールでもやりながら。

先日、大河が友人を噛んでしまいまして・・・それで訓練を決意しました。
人間が苦手で怖がりなのを直していければと・・・
まったく時雨ちゃんの人好きを半分くらい分けてもらいたいもんですよ。

2006.09.08 21:54 URL | やまたい父ーちゃん #- [ 編集 ]

すんません。かーちゃんと重複でした。

2006.09.08 21:56 URL | やまたい父ーちゃん #- [ 編集 ]

>やまたい父ーちゃん さま
かーちゃんと時間差攻撃ですね~!
時雨はホントに喜んでました。
やっぱり何度もさわってくれた人には興奮ぶりが半端じゃないです。
とくにかーちゃんのテンションと声がいいみたいですよ。
土手、是非行きましょう! ビール楽しみです。

大河くんは…きっとビックリしちゃったんですね。
時雨も相変わらず子供にガンガン吠えまくってますから
頑張らないと!

2006.09.08 23:02 URL | チタリニ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://heyoka.blog68.fc2.com/tb.php/78-b63bf56f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。